IUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際紫外線天文衛星
Iue.jpg
基本情報
NSSDC ID 1978-012A
所属 NASA
打上げ日時 1978年1月26日
ミッション期間 1996年9月30日
質量 672 kg
軌道 対地同期軌道
軌道高度 42,000 km 近地点、26,000 km 遠地点
軌道周期 24 時間
形式 Ritchey-Chretien カセグレイン焦点 reflector
観測波長 紫外線
口径 45 cm
焦点距離 f/15
観測装置
2つのエシェル分光器 115 - 198 nm and 180 - 320 nm
公式サイト

ESA Science and Technology

NASA IUE Archive

IUE: International Ultraviolet Explorer、国際紫外線天文衛星[1])またはエクスプローラー57号:Explorer 57)は紫外線電磁スペクトルを観測する宇宙望遠鏡NASAESA、およびイギリス科学研究評議会(Science Research Council - SRC)の共同開発で、以前の観測衛星よりも暗い天体まで、高精度なスペクトル観測が可能だった。

IUE はイギリスの科学者グループが、1964年前半に最初に提案した。1978年1月26日、NASAのデルタロケットによって打ち上げられた。当初、最小の任務期間は3年に設定されていたが、実際は予想を大きく上回って、1996年まで稼動した[2]。この衛星はアメリカ合衆国とヨーロッパの地上局にいる天文学者によってリアルタイムで管理された初の観測衛星であった。天文学者は、IUE を用いて惑星彗星恒星星間ガス超新星惑星のオーロラ銀河クエーサーを含む、異なる対象物の観測を104,000以上行った。

プロジェクトの歴史[編集]

IUE のコントロールシェルとディスプレイユニット。Steven F. Udvar-Hazy Centerに保存されている

1964年、イギリスの科学者グループが紫外線天文衛星のコンセプトをESAの前身機関、ESROに提案した。しかし、この提案は当時のESAの技術的能力を超えていたので、Robert Wilson がNASAにコンセプトを提供した。NASAはこのアイディアを採用し、SAS-D (Small Astronomy Satellite-D)として発達させた。

SRC もこの計画に加わり、科学機器のソフトウェアと、スペクトルグラフのためのビジコンカメラを提供した。ESA は地上観測所[3]太陽パネルを提供した。NASAは衛星の機体、望遠鏡、スペクトルグラフ、打ち上げ施設、地上観測所[4]を提供した。

観測時間は計画の貢献度によって配分され、NASA:2/3、ESA:1/6、SRC:1/6。

科学的成果[編集]

  • 木星オーロラの存在を最初に発見
  • 彗星の中の硫黄を初めて検知
  • 彗星の水損失の量的決定

など

脚注[編集]

  1. ^ 国際紫外線探索機とも訳され、日本語には定訳が存在しないようである。本項の名称は参考文献にあるJAXAのウェブページに従った。
  2. ^ 稼動停止の理由も予算的なものであった。
  3. ^ スペインVillafranca del Castillo
  4. ^ ゴダード宇宙飛行センターGreenbelt, Maryland

参考文献[編集]