ボール・エアロスペース&テクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボール・エアロスペース&テクノロジーズ(英語:Ball Aerospace & Technologies)は宇宙機械、コンピューター、国防機器、民間・通信宇宙アプリケーションなどの製造企業。密封瓶で有名なボール・コーポレーションの完全子会社であり、本社はコロラド州ボルダーにあり、設備は同じくコロラド州のブルームフィールドウェストミンスターに存在する。支店はニューメキシコオハイオジョージア北ヴァージニアメリーランドに存在する。

ボール・エアロスペースは1956年、軍のロケットのための標準制御システムの製作を始め、その後NASAの最初の宇宙機械の一つである太陽観測衛星の製作契約を獲得した。それ以降の長い間、多くの技術と科学計画を担当して、NASAへの航空宇宙技術と関連産業の提供を継続している。

ボール・エアロスペースは潤滑油、光学システム、恒星追跡航法支援装置、アンテナなど航空宇宙産業のために多くの製品やサービスを持っている。2008年、ボール・エアロスペースはボール・コーポレーションの完全子会社として世界で88番目に大規模な防衛企業とされている[1]。コロラド州ブルームフィールドの本社は親会社であるボール・コーポレーションと共同の本社である。

製造[編集]

現在の計画[編集]

過去に製造した機器[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Defense News Top 100”. Defense News Research (2008年). 2011年11月6日閲覧。
  2. ^ Oribital Express
  3. ^ Kepler Space Observatory
  4. ^ DigitalGlobe announces Ball building WorldView 2 satellite
  5. ^ Opticks
  6. ^ Yenne, Bill (1985). The Encyclopedia of US Spacecraft. Exeter Books (A Bison Book), New York. ISBN 0-671-07580-2. p.12 AEROS