Cos-B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
COS-B
Cos-b teleskop gamma pl.svg
所属 欧州宇宙機関
国際標識番号 1975-072A
カタログ番号 08062
状態 運用終了
目的 X線観測
計画の期間 6年半
打上げ機 デルタ
打上げ日時 1975-08-09
物理的特長
質量 277.5 kg[1]
軌道要素
周回対象 地球
近点高度 (hp) 339.6 km[1]
遠点高度 (ha) 99876.0 km[1]
離心率 (e) 0.88[1]
軌道傾斜角 (i) 90.12°[1]
軌道周期 (P) 2227.0分[1]

Cos-B(Cosmic Ray Satellite-B)は欧州宇宙機関ガンマ線観測衛星

Cos-Bの計画は1960年代中ごろに欧州の科学コミュニティーによって始めに提案され、1969年ESRO英語版会議で承認された。衛星はガンマ線観測機を搭載し、1975年8月9日NASAによって打ち上げられた。ミッションは当初の予定よりも4年ほど長く続き、6年半後の1982年4月25日に完了した。25のガンマ線源の2CG カタログや銀河系のマッピングなどの科学的成果を挙げた。この衛星はパルサーCygnus X-3も観測した。

参考文献[編集]

COS-Bの打ち上げ(デルタ2913)
  1. ^ a b c d e f COS-B”. NASA. 2010年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]