オーディン (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーディンOdin)はスウェーデンサブミリ波観測衛星2001年2月20日、ロシア極東のスヴォボードヌイ宇宙基地からスタールト1ロケットにより打ち上げられた。名称は北欧神話の神のオーディンに由来する。

天体物理学大気学研究が主な目的で、星の形成の仕組みや、オゾン層の減少、地球温暖化の影響が調べられている。

オーディンはスウェーデン宇宙公社により開発されたが、フィンランド宇宙機関であるTEKES、カナダ宇宙庁フランス国立宇宙研究センターも関与する国際プロジェクトである。

2007年4月、天文学者はオーディンが酸素分子からなる星間雲の存在を初めて発見したと発表した[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Molecular Oxygen Detected For The First Time In The Interstellar Medium

外部リンク[編集]