ダーウィン (探査機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダーウィン (英語: Darwin) は、欧州宇宙機関 (ESA) が開発を進めていた、太陽系外地球型惑星を発見するための宇宙探査機である。2015年以降の打ち上げを予定していた。

3-4機編隊で飛行する3メートル径の宇宙望遠鏡によって干渉計を構成し、赤外線で観測を行う計画だった。超高解像度の観測装置を備えており、スペクトル分析によって大気の化学組成を突き止め、その惑星に生命が居住できるかどうかを明らかにすることが可能とされた。

しかしながら、計画は提案段階のまま2007年に「検討終了」(Study ended) とされ、本格的な開発は行わないことが決められた[1]

NASA地球型惑星探査計画のインターフォーメトリック (interferometric) バージョンはダーウィンと概念において類似しており、また、ほとんど同様の科学目的を持っていた。

参考文献[編集]

  1. ^ Darwin overview”. ESA. 2010年1月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]