ヒッパルコス (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッパルコス
所属 欧州宇宙機関 (ESA)
国際標識番号 1989-062B
カタログ番号 20169
状態 運用終了
打上げ機 アリアン4
打上げ日時 1989年8月8日
運用終了日 1993年6月
物理的特長
質量 1400 kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 静止トランスファ軌道
近点高度 (hp) 500 km
遠点高度 (ha) 36000 km
観測機器

ヒッパルコス (Hipparcos) とは、1989年8月8日欧州宇宙機関によって打ち上げられ、1993年まで運用された高精度視差観測衛星。日本ではヒッパルコス衛星(ヒッパルコスえいせい)と呼ばれることが多い。なお、HipparcosはHIgh Precision PARallax COllecting Satellite(高精度視差観測衛星)の略である。

概要[編集]

古代ギリシア天文学者ヒッパルコス(BC190ごろ-BC120ごろ)にちなんで名づけられた(ただし、人名のヒッパルコスは Hipparchus)この衛星は、恒星の位置や年周視差を、大気の影響の無い宇宙空間で精密に測定することが主ミッションであった。衛星バスとしては質量約1,400kgの六角柱状の構体と、3方向に伸びた太陽電池パドルを備えていた。

打ち上げはドイツの放送衛星TVSAT-2とともにアリアンロケットV33号(44LP型)により正常に行われた。しかしアポジモーターの故障により静止軌道への投入ができず、近地点約500キロメートル、遠地点約3万6000キロメートルの極端な楕円軌道(静止トランスファ軌道)に留まることになってしまった。しかし、欧州宇宙機関の運用・観測スタッフの4ヶ月に渡る観測システムの再構築により、大半の観測は問題なく行われた。

1993年6月の観測終了までに、118,274個の恒星の視差を1,000分の1秒角の精度で調べあげ、半径1,000[要検証 ]パーセクの範囲の星の位置を精密に定めることができた。この時得られたデータはヒッパルコス星表としてまとめられ、用いられている。

また、それと並行し、40万個ほどの星に対して、若干低い精度で、天体の位置と、2色の光度を観測を行った。これはティコ実験と呼ばれており、このデータはティコ星表としてまとめられ、こちらも用いられている。