ウィレム・ヤコブ・ルイテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィレム・ヤコブ・ルイテン(Willem Jacob Luyten 、1899年3月7日 - 1994年11月21日)はオランダの天文学者。主にアメリカ合衆国で活動した。星の固有運動を研究し、多くの白色矮星ルイテン星を含む太陽系に近いいくつかの恒星や閃光星ルイテン726-8を発見した。

当時オランダ領であったジャワ島スマランで生まれた。1912年に家族はオランダに戻り、ルイテンはアムステルダム大学ライデン大学アイナー・ヘルツシュプルングに学んだ。 1921年に学位を得るとアメリカに渡りリック天文台で働いた後、1925年からハーバード大学天文台で7年間働き、その後60年間近くミネソタ大学で働いた。

賞・叙勲等[編集]

命名

外部リンク[編集]