アークトゥルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アークトゥルス
Arcturus
仮符号・別名 うしかい座α星[1]
星座 うしかい座
視等級 (V) -0.04[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 14h 15m 39.67207s[1]
赤緯 (Dec, δ) +19° 10′ 56.6730″[1]
赤方偏移 -0.000017[1]
視線速度 (Rv) −5.19km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -1093.39 ミリ秒/年[1]
赤緯: -2000.06 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 88.83± 0.54ミリ秒[1]
距離 36.70 ± 0.22光年[注 1]
(11.26 ± 0.07パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) −0.297[注 2]
物理的性質
半径 15.9R
質量 1~1.5 M
スペクトル分類 K1.5III[1]
光度 太陽光度の110倍
表面温度 4,300 K
色指数 (B-V) +1.23[2]
色指数 (U-B) +1.27[2]
色指数 (V-I) 1.24
金属量 太陽の20~50%
年齢 4.6 × 109
別名称
別名称
うしかい座16番星[1]
Alramech, Abramech
BD +19 2777[1], FK5 526[1]
HD 124897[1], HIP 69673[1]
HR 5340[1], SAO 100944[1]
LTT14184[1]
■Project ■Template

アークトゥルス(Arcturus)は、うしかい座α星うしかい座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つである。実視等級がマイナスとなる4つの恒星の1つ(太陽を除く)。

概要[編集]

の夜空を代表する星として昔から親しまれている。おとめ座スピカが近くに輝いており、アークトゥルスのオレンジ色とスピカの青白い色の対比から、アークトゥルスとスピカは夫婦星と呼ばれる。アークトゥルスが男性、スピカが女性である。

北斗七星の柄の部分のカーブを延長すると、アークトゥルスを通ってスピカへたどり付く。これを春の大曲線という。また、アークトゥルスとスピカ、それにしし座β星デネボラを結ぶと、大きな正三角形ができる。これを春の大三角という。春の大三角にりょうけん座α星を加えてできるひし形春のダイヤモンドという。

特徴[編集]

8.3周期で0.04等とわずかに変光している。

アークトゥルスは、固有運動が大きい高速度星として知られる。1717年ハレー彗星の発見者でもあるエドモンド・ハレーは、自分が観測したアークトゥルスの位置と、1800年前の古代ギリシャで観測された位置が、約1度(月の視直径2個分)ずれていることを発見した。これが、恒星の固有運動の発見となった。アークトゥルスは、太陽系に対して秒速140kmでおとめ座の方向へ移動している。およそ50000年後には、アークトゥルスとスピカが非常に接近して輝くという。

名称[編集]

学名はα Boötis(略称はα Boo)。アークトゥルス(アルクトゥルス、アークトゥールス、アルクツルス、アークツルスとも)は、ギリシア語で「熊を護るもの」を意味する Αρκτουρος (Arktouros ; アルクトゥーロス)に由来している[3]。これは、日周運動によって、おおぐま座の後を追いかけて行くように見えることから来ている。

日本[編集]

日本では、麦星、五月雨星、麦刈り星、麦熟れ星など多数の和名がある。このうち、麦星などは、麦が熟れる頃になるとアークトゥルスが昇ってくることから名付けられている。

ポリネシア[編集]

アークトゥルスはハワイ語で「ホク・レア」(Hoku lea=幸せの星)と呼ばれ、ハワイ諸島の南方にあるマルケサス諸島などに住むポリネシア人は、この星が天頂に輝く土地を目指してスターナヴィゲーション航法でカヌーを操ってハワイ島に到達して、ハワイへの移民を開始したといわれている。帰路はシリウスを目指した。[要出典]

逸話[編集]

1858年ドナティ彗星の尾がアークトゥルスと重なった。このとき尾を通してアークトゥルスが輝いて見えたため、彗星の尾が極めて希薄であることがわかった。[4]

1933年シカゴ万博の開会式で、アークトゥルスの光を集光し、それを動力に変えてイルミネーションを点灯させるというセレモニーが行われた。これは前回のシカゴ万博から40年を記念して、40年前にアークトゥルスから放たれた光[注 3]を使ったものであった。[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位
  3. ^ 当時、アークトゥルスとの距離は40光年と考えられていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ARCTURUS. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ Online Etymology Dictionary
  4. ^ a b 野尻抱影 『星座の話』 (改版) 偕成社、1977年9月ISBN 4037230100 

関連項目[編集]