春の大曲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春の大曲線(はるのだいきょくせん)とは、春に東の空高くのぼっているおおぐま座にある北斗七星のひしゃくの柄のカーブを延ばしていくと、

と1等星が連なっている曲線のことで、曲線はからす座に至る[1]

五島プラネタリウム元解説員の金井三男は、春の大曲線は鈴木敬信が考案し、金井自身がからす座まで延長したと述べている[2]

春の大三角[編集]

を結んだ三角形を春の大三角[1](春の大三角形[3])と言う。

春のダイヤモンド[編集]

春の大三角の3つの星

  • アークトゥルス
  • スピカ
  • しし座β星デネボラ

に、さらに

を加え、結んだひし形を春のダイヤモンドと言うことがある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ 第151夜「春の大曲線を見よう」
  3. ^ [1]札幌市青少年科学館
  4. ^ [2]福井県自然保護センター