春の大曲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春の大曲線(はるのだいきょくせん)は、春の夜空に見られる星の並び。春になると、おおぐま座にある北斗七星上方経過となり天頂近くに高くのぼる。そのひしゃくの柄のカーブを柄の端の星(η星)の方へ延ばしていくと、 うしかい座のα星で1等星のアークトゥルス、そのまま続けてカーブを伸ばすとおとめ座のα星でやはり1等星のスピカに届く。さらに伸ばすと曲線はからす座に至る[1][2]。なお、五島プラネタリウム元解説員の金井三男は、春の大曲線は鈴木敬信の考案によるものであり、金井自身がからす座まで延長したと述べている[3]

春の大三角[編集]

春の大曲線の2つの1等星、アークトゥルススピカしし座の尾にある2等星のデネボラ(β星)を加えると大きなほぼ正三角形ができる[4]。この3星を結んだ三角形を春の大三角[1][2](春の大三角形[5]とも)という。

春のダイヤモンド[編集]

春の大三角の3つの星、アークトゥルス・スピカ・デネボラに、さらにりょうけん座のα星で3等星のコル・カロリを加えて結んだ菱形を乙女座のダイヤモンド[1] (Diamond of Virgo[4]) という。近年では春のダイヤモンドとも呼ばれている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c 野尻抱影 『星三百六十五夜』 中央公論社1955年、(初回限定版)、142頁。
  2. ^ a b 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ 第151夜「春の大曲線を見よう」
  4. ^ a b Allen, Richard H., (1963). Star Names: Their Lore and Meaning. Dover Publications. p. 259. 
  5. ^ [1]札幌市青少年科学館
  6. ^ [2]福井県自然保護センター