おおぐま座イータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおぐま座η星[1]
Eta Ursae Majoris
星座 おおぐま座
視等級 (V) 1.852[1]
変光星型 変光星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 13h 47m 32.43776s[1]
赤緯 (Dec, δ) +49° 18′ 47.7602″[1]
赤方偏移 -0.000036[1]
視線速度 (Rv) -10.9km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -121.17 ミリ秒/年[1]
赤緯: -14.91 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 31.38 ± 0.24 ミリ秒[1]
距離 103.89 ± 0.80光年[注 1]
(31.87 ± 0.25パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.665[注 2]
物理的性質
半径 1.8 R
質量 6 M[2]
自転速度 ~200km/s
スペクトル分類 B3V [1]
光度 700 L[2]
表面温度 20,000 K[2]
色指数 (B-V) -0.19[3]
色指数 (U-B) -0.67[3]
別名称
別名称
おおぐま座85番星[1]
BD +50 2027[1]
FK5 509[1], HD 120315[1]
HIP 67301[1], HR 5191[1]
SAO 44752[1]
■Project ■Template

おおぐま座η星は、おおぐま座恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもあり、ひしゃくの柄の先に位置する。

特徴[編集]

地球からは北斗七星の他の星と近い位置にあるように見える。しかし、この恒星とα星は、他の北斗七星の星が属しているおおぐま座運動星団に属していない。

青白い主系列星であり、比較的若い星である。肉眼で見ることのできる星としては高温の部類に入る。恒星風による強いX線による温度上昇もあるとみられている[2]

名称[編集]

Eta Ursae Majoris、略称は η UMa。別名アルカイド (Alkaid) は「先頭の娘」という意味をもつアラビア語が語源で、ベネトナシュ(Benetnasch)は「大きい棺台の娘達の長」を意味するアラビア語の K.a_'id Bana_t al Na'ash(カイド・バナト・アル・ナアシュ)を語源とする。どちらも北斗七星のうち、α星β星γ星δ星が形作る四角形を棺台に見立て、ε星ζ星、η星を、棺台を引く娘たちと見立てたことに由来する[4]リチャード・ヒンクリー・アレンは、ポラリス(現在の北極星)の近くを取り囲む星々はベネトナシュの娘たちであり、北極星の周りを周回する星は、厳かな動きをしていると考えられているとしている[5][6]

また、中国では『史光記』の「天官書」での名は揺光密教経典『仏説北斗七星延命経』では破軍はぐん)である。この星の守護を得ると、戦に勝てると信じられていた。または、単に北斗七とすることもある[7]

画像[編集]

Sydney Hallによる、おおぐま座の星を表現した図。η星は尾の先の部分にあたる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALCAID. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d [1]
  3. ^ a b イェール輝星目録第5版
  4. ^ http://www4.airnet.ne.jp/mira/seishu/name/a/uma.html
  5. ^ http://www.constellationsofwords.com/stars/Alkaid.html
  6. ^ Star Names, Their Lore and Meaning, Richard Hinchley Allen, 1889
  7. ^ http://homepage2.nifty.com/Mithra/HP_Mithraic_Theology_Comic_Itsuki.html

関連項目[編集]