はくちょう座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はくちょう座
Cygnus
Cygnus
属格 Cygni
略符 Cyg
発音 /ˈsɪɡnəs/、属格:/ˈsɪɡnaɪ/
象徴 the Swan or The Northern Cross
概略位置:赤経 20.62
概略位置:赤緯 +42.03
正中 9月10日21時
広さ 804平方度 (16位
主要恒星数 9
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
84
系外惑星が確認されている恒星数 6
3.0等より明るい恒星数 6
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 デネブ(α Cyg)(1.25
最も近い星 61 Cyg;(11.4光年)
メシエ天体 2
流星群 October Cygnids
Kappa Cygnids
隣接する星座 ケフェウス座
りゅう座
こと座
こぎつね座
ペガスス座
とかげ座
観測可能地域は+90°と−40°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは9月の間

はくちょう座(白鳥座、Cygnus)は、トレミーの48星座の1つ。

北天の有名な星座の1つである。この星座は天の川の上にを広げ、からに向けて飛ぶ形をしている。の代表的な星座である。

はくちょう座の中心部の別名で北十字星ノーザンクロス(Northern Cross)と呼ばれる。南十字星と対応した関係でも関連付けられている。キリスト教ではこの星座を、キリストの磔の十字架と重ねて考えることがある。

α星は、全天21の1等星の1つであり、デネブと呼ばれる。デネブと、こと座のα星ベガわし座のα星アルタイルの3つの1等星で、夏の大三角と呼ばれる大きな二等辺三角形を形成する[1]

主な天体[編集]

恒星[編集]

はくちょう座には明るい恒星がいくつかある。1等星のα星(デネブ)以外に、γ星[2]、ε星[3]の2つの2等星がある。

  • α星:デネブ(Deneb)は、はくちょう座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ[4]。この星は約1,200~1,650光年も離れているにもかかわらず、明るい1等星である[4]。この白色超巨星[4]は白鳥の尾部、北十字の上部の端にある。
  • β星:アルビレオ(Albireo)は、白鳥の口の部分に当たる。この星は、小さな望遠鏡でもよく見える、美しい二重星である。
  • γ星:サドル(Schedar)
  • ε星:ギェナー(Gienah)
  • 61番星:この星には視差があることが判明し、これを元に最初に太陽との距離が計測された。距離は11.4光年で、太陽から非常に近い恒星のうちの1つである。
  • 16番星B:、木星の1.5倍の質量の惑星を持っている。

有名な変光星としては、以下がある。

その他の恒星

星団・星雲・銀河[編集]

天の川の上にあるので、多くの星団星雲がはくちょう座の中にある。

デネブからγ星付近にかけて、北の石炭袋[5](Northern Coal Sack[5])と呼ばれる大規模な暗黒星雲が存在する。地球からは約2600光年に位置するとされ、その中では若い星が生まれつつある。

その他[編集]

神話[編集]

ギリシア神話では、はくちょう座に関する異なるいくつかの神話が伝わっている。

最も有名なのは、大神ゼウス白鳥に化けた姿というものである。ゼウスはスパルタ王妃レダ(レーダー)に恋し、白鳥に化けて接近した。白鳥が去ったあと、レーダーは2つのを産み落とし、これがふたご座の兄弟ポリュデウケース(ポルックス)とカストールとなった。

別の説によれば、太陽の馬車を持ち出したパエトーンゼウスの怒りにふれてエリダヌス川(エリダヌス座)に落ちたとき、彼の姿を探し回る友人キュクノスを、パエトーンの父神アポローンヘーリオスとも)が、天に上げてはくちょう座にしたという。

またある説では、の天才オルペウスこと座を参照)が死んだときに、音楽の神アポローンが天に上げてはくちょう座にしたという。

中国神話では、はくちょう座は七夕伝説の織女星牽牛星を結びつけるカササギである。

はくちょう座に由来する事物[編集]

出典[編集]

  1. ^ 夏の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME SADR. 2013年1月23日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for LHS 5358b. 2013年1月24日閲覧。
  4. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME DENEB. 2013年1月16日閲覧。
  5. ^ a b [1]国立天文台 野辺山

関連項目[編集]