ちょうこくぐ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちょうこくぐ座
Caelum
Caelum
属格 Caeli
略符 Cae
発音 [ˈsiːləm], genitive /ˈsiːlaɪ/
象徴 the chisel
概略位置:赤経 5
概略位置:赤緯 −40
正中 1月15日21時
広さ 125平方度 (81位
主要恒星数 4
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
8
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α Cae(4.45
最も近い星 α Cae;(65.7光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 はと座
うさぎ座
エリダヌス座
とけい座
かじき座
がか座
観測可能地域は+40°と−90°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは1月の間

ちょうこくぐ座(彫刻具座、Caelum)は南天の星座の1つ。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:4.4等星。
  • γ星:4.5等星と8.5等星の二重星
  • RR星:。惑星を1つ持つ。この惑星は、ちょうこくぐ座で初めて発見されたものである。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

1756年に、ビュランドライポイントに使うニードルをモチーフとして、ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって設定された[1]

ラカーユは当初フランス語で les Burins 、後にラテン語化した Caelum Scalptorium と名付けていた。1844年ジョン・ハーシェルが名前を短縮することを提案し、それを受けたフランシス・ベイリー1845年に発表した British Association Catalogueにおいて Caelum と記述、以降この呼び名が定着した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Caelum”. 2014年1月29日閲覧。