へび座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
へび座
Serpens
Serpens
属格 Serpentis
略符 Ser
発音 [ˈsɜrpɨnz]、属格:/sərˈpɛntɨs/
象徴 the Snake
概略位置:赤経 頭部(Caput): 16 h
尾部(Cauda): 18
概略位置:赤緯 頭部(Caput): +10°
尾部(Cauda): −5
正中 6月30日午後9時
8月5日午後9時
広さ 637平方度 (23位
主要恒星数 9
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
57
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 3
最輝星 α Ser(2.63
最も近い星 γ Ser;(36.3光年)
メシエ天体 2
隣接する星座 頭部(Caput):
かんむり座
うしかい座
おとめ座
てんびん座
へびつかい座
ヘルクレス座

尾部 (Cauda):
わし座
へびつかい座
いて座
たて座

へび座(蛇座、Serpens)は、トレミーの48星座の1つ。

この星座は、へびつかい座の胴体によって2つに分断されており、頭部 (Serpens (Caput))と尾部(Serpens (Cauda)) に分けて捉えられ、事実上、2つの星座の連合体として扱われている。西側が頭部、東側が尾部である。

かつてはへびつかい座の一部だったが、プトレマイオスが独立させた。


へび座で最も明るい星は3等星であり、星座はあまり見やすくはない。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:ウヌクアルハイ(Unukalhai)は、へび座で最も明るい恒星で、へび座頭部にある。
  • δ星:頭部にあり、地球から27光年にある二重星である。
  • θ星:アルヤは、二重星である。

頭部にはα、βγ、δ、ε、ι、κ、λ、μ、π、ρ、σ、τ、χ、ω星がある。

尾部にはζ、η、θ、ν、ξ、ο星がある。

星団・星雲・銀河[編集]

  • M5球状星団。頭部、α星の南西約8度に位置する美しい球状星団。
  • M16(わし星雲):散開星団散光星雲の複合した天体。この天体は小型望遠鏡では散開星団に見えるが、実際には散光星雲の中に星団がある。この散光星雲は新しい恒星ができつつある部分と考えられている。星団の恒星の光によって星雲部分が輝き、独特の画像が見られるが観測には若干大きな望遠鏡が必要である。
  • IC 1101:既知で最も巨大な銀河。直径が600万光年ある。

へび座尾部は、天の川と重なっている。

その他[編集]

神話[編集]

注釈[編集]