かんししゃメシエ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ボーデの星図に描かれた
かんししゃメシエ座(右)

かんししゃメシエ座(かんししゃメシエざ、監視者メシエ座、Custos Messium)、または、みはりにんメシエ座(見張り人メシエ座)は、ジェローム・ラランド1775年に作った星座

当時の代表的な彗星ハンターであるシャルル・メシエの姿を星座にしたもので、今でいうきりん座カシオペヤ座ケフェウス座の間にあったが、ほとんど使われなかった。

参考資料[編集]