りゅう座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅう座
Draco
Draco
属格 Draconis
略符 Dra
発音 [ˈdreɪkoʊ]、属格:/drəˈkoʊnɨs/
象徴 the Dragon
概略位置:赤経 17
概略位置:赤緯 +65
広さ 1083平方度 (8位
主要恒星数 14
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
76
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 3
10パーセク以内にある恒星数 6
最輝星 γ Dra(2.230
最も近い星 シュトルーフェ2398;(11.5光年)
メシエ天体 1
流星群 ジャコビニ流星群
隣接する星座 うしかい座
ヘルクレス座
こと座
はくちょう座
ケフェウス座
こぐま座
きりん座
おおぐま座

りゅう座(りゅうざ、竜座、Draco)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:トゥバン(Thuban)は、4等星であり[1]最も明るい星ではないが、りゅう座α星である。紀元前2790年頃は、この星が北極星だった。理由については歳差を参照。
  • β星:ラスタバン
  • γ星:エルタニンは、りゅう座で最も明るい恒星で、唯一の2等星[2]
  • σ星:太陽系から18.8光年
  • シュトルーフェ2398:赤色矮星の連星。太陽系から11.52光年。

星団・星雲・銀河[編集]

流星群[編集]

  • りゅう座流星群

神話[編集]

この星座の元となった竜には諸説ある。

ヘーラクレース(ヘルクレス座)の12の冒険の11番目が、この100の頭を持つ竜(ラードーン)が守るりんごをとってくることであった[3]。この竜はヘーラクレースに倒されたとも、また、ヘーラクレースは直接対面していないという説もある。どちらにしても、このりんごは神しかとることができないので、ヘーラクレースはアトラースに代わりに取りに行ってもらった[3]。星座の中ではヘルクレス座もりゅう座も隣同士にある。

別の説によれば、カドモスに倒された竜であるという[3]。またアルゴー船の冒険で、イアーソーンらの目的である金の羊の毛皮を守っていた竜だとされる。

呼称と方言[編集]

日本では、かつて、漢字での綴りは同じ竜座で、りょう座と呼んだ時代がある。

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME THUBAN. 2013年2月23日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ETAMIN. 2013年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0