レロスのペレキュデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レロスのペレキュデース
Φερεκύδης ο ιστορικός
誕生 不明
死没 不明
職業 神話学者、ロゴグラポス
活動期間 紀元前450年代頃
テンプレートを表示

レロスのペレキュデースペレキュデスギリシャ語Φερεκύδης ο ιστορικός, ラテン語Pherecydes Lerius, 紀元前450年代頃活躍)は、ギリシア神話の神話学者、ロゴグラポス

生涯[編集]

レロス島の出身。しかし、著作活動の大部分はアテナイで行った。そのため、アテナイのペレキュデースと呼ばれることもある。しかし、『スーダ辞典』では「レロスのペレキュデース」と「アテナイのペレキュデース」を別人と考えていた。紀元前6世紀中期の哲学者シュロスのペレキュデースはまったくの別人である。

作品[編集]

ペレキュデースの論文には、生まれ故郷レロス島の歴史を記したものや、随筆『イーピゲネイアについて』、『ディオニューソス祭について』があるが、すべて現存していない。しかし、イオニア方言で書かれた、10巻から成る神々や英雄の系譜を記した本の断片が多数残っている。その本はペレキュデースのパトロンたちの英雄時代の先祖を讃えるために書かれたものだった。

ペレキュデースは伝説に手を加えている。理屈づけるためというよりむしろ民間信仰に合わせるためである。それゆえに、ペレキュデース以前の神話学者(歴史家)ミレトスのヘカタイオスと一緒にはできない。ヘカタイオスの『系譜』はより懐疑的かつ批判的だった。

ペレキュデースは偽アポロドーロスの『ビブリオテーケー』の主要な情報源となった。