おおいぬ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおいぬ座
Canis Major
Canis Major
属格 Canis Majoris
略符 CMa
発音 [ˌkeɪnɨs ˈmeɪdʒər]、属格 /ˈkeɪnɨs məˈdʒɒrɨs/
象徴 the greater dog
概略位置:赤経 7
概略位置:赤緯 −20
広さ 380平方度 (43位
主要恒星数 8
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
32
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 6
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 シリウス(α CMa)(−1.47
最も近い星 シリウス(α CMa);(8.60光年)
メシエ天体 1
流星群 無し
隣接する星座 いっかくじゅう座
うさぎ座
はと座
とも座
観測可能地域は+60°と−90°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは2月の間

おおいぬ座(大犬座、Canis Major)は、の南天に見られる星座である。トレミーの48星座の1つ。

α星は、全天21の1等星の中で最も明るく、シリウスと呼ばれる。シリウスと、こいぬ座のα星プロキオンオリオン座のα星ベテルギウスの3つの1等星で、冬の大三角を形成する[1]

主な天体[編集]

恒星[編集]

1等星のα星(シリウス)以外に、β星、δ星、ε星、η星の4つの2等星がある[2][3][4][5]

  • α星:シリウス(Sirius)は、おおいぬ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つで、地球から見える太陽の次に明るい恒星である[6]。この星は、太陽から非常に近い恒星の1つである[6]。シリウスはギリシャ語で「光り輝く者」や、「焼き焦がす者」を意味するセイリオスに由来している。なおシリウスは中国語では「天狼(星)」と呼ばれる。
  • β星:ムルジム(Mirzam)
  • γ星:ムリフェイン(Muliphein)
  • δ星:ウェズン(Wezen)
  • ε星:アダーラ(Adara)は、等級が1.513であり、僅差で1等星の座を逃している[4]
  • ζ星:フルド(Furud)
  • η星:アルドラ(Aludra)
  • VY星:LC型の脈動変光星として知られている。
  • h3945:美しい二重星として知られている[7]

星団・星雲・銀河[編集]

この星座には明るい星団・星雲はあまりない。

由来と歴史[編集]

プトレマイオスは、この星座の周りの11個の星を「星座を形作らない星」として挙げていた。現在、そのうちの9個ははと座、1個はいっかくじゅう座、残る1個はおおいぬ座の星となっている[8]

神話[編集]

偽エラトステネスヒュギーヌスは神犬ライラプスに結び付けている。

ライラプスは、元々ヘーパイストスゼウスのために作った、必ず獲物を捕まえる力を持つ犬であった。その飼い主は転々とし、アテナイのケパロス(Cephalus)のものとなった[8]

アムピトリュオーンテーバイを苦しめるテウメーッソスの狐を退治するためにライラプスを持つケパロスを頼った。この牝の狐は誰にも捕まらないという運命にあったため、牝狐は逃げきることができず、ライラプスも牝狐を捕まえることができず、延々と追いかけ続けた。これを見たゼウスは、両者を石に変え、ライラプスは空に上げておおいぬ座とした[8]

また、オーリーオーンの猟犬という見方もされる。アラトスホメロスヘシオドスは、オーリーオーンの足元でこの犬がウサギ(うさぎ座)を追いかけているとしている[8]


呼称と方言[編集]

日本には、おおいぬ座に関係するアステリズムおよび主星シリウスの方言がいくつか存在する。詳細はおおいぬ座の方言を参考。

出典[編集]

  1. ^ 冬の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* bet CMa. 2013年1月24日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME WEZEN. 2013年1月24日閲覧。
  4. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ADARA. 2013年1月24日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* eta CMa. 2013年1月24日閲覧。
  6. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME SIRIUS A. 2013年1月19日閲覧。
  7. ^ 冬の二重星”. 鹿角平天文台. 2013年5月12日閲覧。
  8. ^ a b c d Ian Ridpath. “Star Tales - Canis Major”. 2014年2月4日閲覧。