ケフェウス座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケフェウス座
Cepheus
Cepheus
属格 Cephei
略符 Cep
発音 [ˈsiːfiəs]もしくは[ˈsiːfjuːs]; 属格:/ˈsiːfiaɪ/
象徴 The King/King Cepheus
概略位置:赤経 22
概略位置:赤緯 +70
正中 10月15日21時
広さ 588平方度 (27位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
43
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 5
最輝星 α Cep(2.460
最も近い星 クリューゲル60;(13.15光年)
メシエ天体 0
流星群 無し
隣接する星座 こぐま座
りゅう座
はくちょう座
とかげ座
カシオペヤ座
きりん座

ケフェウス座(Cepheus)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。

主な天体[編集]

恒星[編集]

西暦4100年頃、この星座のγ星が北極星になる。また、西暦6000年にはβ星、西暦7500年にはα星が北極星となる。

星団・星雲・銀河[編集]

神話[編集]

ケーペウスギリシア神話エチオピア王で、カッシオペイア(カシオペヤ座)の夫、アンドロメダー(アンドロメダ座)の父[3][4]。ただし、ここで言う「エチオピア」は現代とは異なり、地中海の南東岸、現在のイスラエルからヨルダンエジプト付近全体のことを指す[3]

妻のカッシオペイアの高言が祟って、娘のアンドロメダーを生贄に出す羽目になるが、ペルセウスに助けられたとされる[3][4]

呼称と方言[編集]

日本では、セフェウス座と呼んだ時代がある。

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALDERAMIN. 2013年1月20日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* mu. Cep. 2013年1月20日閲覧。
  3. ^ a b c Ian Ridpath. “Star Tales - Cepheus”. 2014年1月31日閲覧。
  4. ^ a b 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0