ジョン・グッドリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Goodricke

ジョン・グッドリック(John Goodricke, 1764年9月17日 - 1786年4月20日)はオランダ出身のアマチュア天文学者である。オランダのフローニンゲンに生まれたが、一生の大部分をイギリスで過ごした。

変光星アルゴル(Algol:ペルセウス座β星)を観測したことで知られる。当時、すでにいくつかの変光星は知られていたが、グッドリックは今日、食変光星として知られる変光のメカニズムを提案した。1783年王立協会で研究成果を発表したのを受けて協会はコプリ・メダルを授与し、1786年4月16日には王立協会会員に選出したが[1]、グッドリックはわずか4日後に肺炎により21歳で他界した。ノースヨークシャーHunsingoreの教会に祖父母、両親、兄弟らとともに埋葬されたが、現在その埋葬場所には"The Goodricke Vault"と刻まれた石碑のみが残されている[1]

グッドリックは子供の時の猩紅熱が原因で聴覚を失い、そのため両親と別れてエジンバラの聾学校で学んだ後、1778年にウォーリントン・アカデミーで学んだ。卒業後ヨークの両親の元に戻った。個人で天文台を建てたナサニエル・ピゴットの息子のエドワード・ピゴットと親しくなった。エドワード・ピゴットは変光星を研究しており、グッドリックは観測すべき変光星のリストをエドワードから受け取った。1784年にはこと座β星が変光星であることを発見したが、変光のメカニズムまでは当時は突き止められなかった。

ヨーク大学のグッドリック・カレッジや、小惑星(3116)のグッドリックは、彼の名前に因んでいる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goodricke; John (1764 - 1786)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]