ケフェウス座ベータ型変光星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケフェウス座ベータ型変光星(Beta Cephei variable)は、恒星表面の脈動により明るさが変化する変光星である。おおよそ恒星が最も収縮した時に、最も明るくなる。ケフェウス座ベータ型変光星の明るさの変化は、通常0.01から0.3等級で、周期は0.1日から0.6日である。これらの恒星は主系列星で、質量は約7から20太陽質量である。

ケフェウス座ベータ型変光星の脈動は、カッパ過程により生じている。

この変光星のプロトタイプ星は、ケフェウス座β星であり、4.57時間の周期で+3.16から+3.27まで等級が変化する。

ケフェウス座δ星から名付けられたケフェイド変光星とは混同しやすいが別のものである。

出典[編集]

  • Moskalik P., Dziembowski W.A., 1992, "New opacities and the origin of the Beta Cephei pulsation", Astronomy & Astrophysics, 256, L5
  • Samus N.N., Durlevich O.V., et al. Combined General Catalog of Variable Stars (GCVS4.2, 2004 Ed.)
  • Stankov A., Handler G., 2005, "Catalog of Galactic Beta Cephei Stars", Astrophysical Journal Supplement, 158, 193

外部リンク[編集]