ほうおう座SX型変光星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ほうおう座SX型変光星(SX Phoenicis variable)は、変光星の分類の1つである。変光の周期は、0.03-0.08日(0.7-1.9時間)と短い。スペクトル分類はA2からF5で、等級は最大で0.7である[1]太陽と比べると、金属量は低く、つまり水素ヘリウム以外の元素の割合が小さい。また空間速度は比較的速く、スペクトル分類の割には光度は小さい[2][3]。これらの性質によって、たて座デルタ型変光星から区別されている。後者は周期が長く、金属量が高く、光度の振幅も大きい[4]

ほうおう座SX型変光星は、主に球状星団ハロの中で見つかる。球状星団の中の既知のほうおう座SX型変光星は、全て青色はぐれ星である[5]。その中には、同じ星団の中の同じ程度の光度の主系列星よりも青く見える(温度が高い)ものもある[6]。よく知られたほうおう座SX型星の例には、みずがめ座CY星がある。

出典[編集]

  1. ^ GCVS Variability Types”. General Catalogue of Variable Stars. Moscow, Russia: Russian Foundation for Basic Research, Sternberg Astronomical Institute. 2010年3月17日閲覧。
  2. ^ Burki, G.; Mayor, M. (1986). “Radial velocities with CORAVEL - Results on stellar variability and duplicity”. Instrumentation and research programmes for small telescopes; Proceedings of the IAU Symposium. Christchurch, New Zealand: Dordrecht, D. Reidel Publishing Co.. p. 392 
  3. ^ Breger, M. (Jan 1980). “The nature of dwarf Cepheids. V - Analysis and conclusions”. Astrophysical Journal, Part 1 235: 156. Bibcode 1980ApJ...235..153B. doi:10.1086/157620. 
  4. ^ McNamara, D. H. (-April 1995). “Period-luminosity relations of SX Phoenicis stars”. Astronomical Journal 109 (4): 1751–1756. Bibcode 1995AJ....109.1751M. doi:10.1086/117405. 
  5. ^ Jeon, Young-Beom; Lee, Myung Gyoon; Kim, Seung-Lee; Lee, Ho (July 2004). “SX Phoenicis Stars in the Globular Cluster NGC 5466”. The Astronomical Journal 128 (1): 11. arXiv:astro-ph/0404069. Bibcode 2004AJ....128..287J. doi:10.1086/421735. 
  6. ^ Santolamazza, P.; Marconi, M.; Bono, G.; Caputo, F.; Cassisi, S.; Gilliland, R. L. (June 2001). “Linear Nonadiabatic Properties of SX Phoenicis Variables”. The Astrophysical Journal 554 (2): 1124–1140. arXiv:astro-ph/0102029. Bibcode 2001ApJ...554.1124S. doi:10.1086/321408.