長周期変光星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長周期変光星(ちょうしゅうきへんこうせい)は、明るさの変化の周期が数か月から数年と長期に及ぶ変光星の種類である。長周期変光星は巨星であり、スペクトル型はF以赤であるが、ほとんどは赤色巨星漸近巨星分枝星であり、スペクトル型はM、S、Cである。深い橙色か赤色に見える。

以下の種類の変光星は、長周期変光星として数えられる。

  • ミラ型変光星 - 長くかなり規則的な80日から1000日の脈動周期を持ち、2.5等級から11等級にも及ぶ光度変化をする。
  • 半規則変光星 - ミラ型変光星と同程度の周期をもつが、光度変化の幅は小さく、しばしば不規則性が入り、周期の決定を難しくする。
  • 不規則変光星 - 半規則変光星と似るが、光度変化の不規則性により周期は決定できない。

出典[編集]