こぐま座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こぐま座
Ursa Minor
Ursa Minor
属格 Ursae Minoris
略符 UMi
発音 /ˌɜrsə ˈmaɪnər/、属格:/ˌɜrsiː mɨˈnɒrɨs/
象徴 The Little Bear
概略位置:赤経 15
概略位置:赤緯 +75
正中 6月25日21時
広さ 256平方度 (56位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
23
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 ポラリス(α UMi)(2.005
最も近い星 π1 UMi;(70.8光年)
メシエ天体 0
流星群 こぐま座流星群
隣接する星座 りゅう座
きりん座
ケフェウス座
観測可能地域は+90°と−10°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは6月の間

こぐま座(小熊座、Ursa Minor)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。北半球では1年中見ることができる。

和名として小北斗七星とも呼ばれる。

α星のポラリスは、現在の北極星である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

α星[1]、β星[2]の2つの2等星がある。

β星とγ星は「矢来(やらい・楯がわりの柵)星」とも呼ばれた。北斗七星を矢に見立て、それから星達を守っているという意味である。

由来と歴史[編集]

紀元前6世紀古代ギリシア天文学者タレスが設定した星座だとされるが、これ以前に船乗りたちが方位を見つけるためにこの星座を使っていたのは確かである。その後古代においては忘れ去られ、長くドラゴンの翼座(近くにりゅう座があるため)と呼ばれた。そのほかのさまざまな文明でも、天の北極がここにあると認識されていた。

神話[編集]

ギリシア神話による由来はおおぐま座を参照。

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* alf UMi. 2013年2月8日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME KOCHAB. 2013年2月7日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* gam UMi. 2013年3月30日閲覧。