ろ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ろ座
Fornax
Fornax
属格 Fornacis
略符 For
発音 [ˈfɔrnæks]、属格:/fɔrˈneɪsɨs/
象徴 the furnace
概略位置:赤経 3
概略位置:赤緯 −30
広さ 398平方度 (41位
主要恒星数 2
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
27
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α For(3.87
最も近い星 HD 14412;(41.35光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 くじら座
ちょうこくしつ座
ほうおう座
エリダヌス座

ろ座(炉座、Fornax)は、南天の星座の1つ。

星の固有名称はなく、明るい星もない地味な星座であるが、そのような領域は、一方では深宇宙探査に適しているとも言える。 下掲の最遠天体の発見はその一例であろう。また、ろ座ボイドろ座ウォールといった大規模構造の存在も確認されている。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:ろ座で最も明るい恒星。

星団・星雲・銀河[編集]

NGC1365の周辺にはろ座銀河団と呼ばれる矮小銀河の集団があり、口径の大きい天体望遠鏡などで観測することができる。

その他[編集]

由来と歴史[編集]

ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ によって18世紀に設定された。ラカーユはフラスコを加熱するための炉としてこの星座を設定した。当初の名はフランス語でFourneauだが、のちにラテン語でFornax Chemica(化学用炉)と記載した天文学者もいる。

関連項目[編集]