フランシス・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Francis Baily

フランシス・ベイリー(Francis Baily、1774年4月28日 - 1844年8月30日)は、イギリス天文学者である。ロンドン天文学会(後の王立天文学会)の創設に尽力し、初代事務局長を務めた。日食時に面のクレーター等の凹凸によって生じる、太陽の輪が途切れ光がとびとびになって見える「ベイリーの数珠」現象でよく知られる。他にも、様々な古い天文観測記録を調べて星表を再編集したり、地球の密度を実験的に求めるといった業績がある。

生涯[編集]

銀行家の息子に生まれ、初等教育を終えると、商社に年季奉公に出される。年季があけると1796年から1797年、アメリカに冒険旅行に出る。ロンドンに冒険の資金をえるために戻るが、スポンサーが現れないため1799年、自ら株式取引所に入り仲買人となって蓄財に成功する。一方、Tables for the Purchasing and Renewing of Leases (1802)、 The Doctrine of Interest and Annuities (1808)、The Doctrine of Life-Annuities and Assurances (1810) などの出版も成功し、著述家としても評判を得た。

1820年にはロンドン天文学会(王立天文学会の前身)の設立に重要な役割をはたし、1827年には2881個の星表の作成により王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1843年には2度目のゴールドメダルを受賞している。1825年、50歳の時に事業をやめ、私設の天文台を設立し天文学者として研究に専念した。1844年、ロンドンにて没。

業績[編集]

  • 1826年:"General Catalogue of the Principal Stars" (Memoirs Astr. Soc. of London II)
ベイリーが最初に編纂した星表。主だった恒星2,870星を収録。
  • 1827年:"Catalogue of 2881 stars" (Memoirs R. Astr. Soc. ii.)
上記の増補改訂版か。
  • 1830年:"A Catalogue of the Positions (1n 1690) of 564 Stars Observed by Flamsteed, but not *Inserted in his British Catalogue" (Memoirs Astr. Soc. of London IV)
フラムスティードが観測していながら「大英恒星目録」に未収録だった564星の位置を記す。
  • 1835年:An Account of the Revd. John Flamsteed, the First Astronomer-Royal
フラムスティードの「大英恒星目録」の改訂版を含む。
  • 1843年:"The Catalogue of Ptolemy, Ulugh Beigh, Tycho Brahe, Halley, Hevelius" (Memoirs R. Astr. Soc. XIII)
プトレマイオスウルグ・ベクティコ・ブラーエエドモンド・ハレーヨハネス・ヘヴェリウスらが作った星表を再編集。
  • 1845年:The Catalogue of stars of the British Association for the Advancement of Science
通称 British Association Catalogue (BAC, 『BAC星表』)。ベイリーが編纂した代表的な星表。8,377星を収録し、1850年を元期とした固有運動歳差による年間変化量・百年総差を表示。
  • 1847年:A Catalogue of 9755 Stars in the Southern Hemisphere (Lacaille, Lac, L)
ラカーユが観測した全ての恒星をカタログ化。ラカーユの星表の完全版。
  • 1847年:A catalogue of those stars in the Histoire Céleste Française of Jérôme Delalande for which tables of reduction to the epoch 1800 have been published by Professor Schumacher (Lalande, Ll)
ラランドの星表の改訂版。
  • 1836年5月15日の日食に際して、「ベイリーの数珠」を観測した。

関連項目[編集]