ひどけい座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ひどけい座(ひどけいざ、日時計座、Solarium)[1]は、現在使われていない星座の1つ。

日時計を元にした星座で、現在のレチクル座の領域である、とけい座かじき座みずへび座の間にあった。1822年アレクサンダー・ジェイミソン英語版星図 Celestial Atlas [2]で初めて登場しており、彼自身のオリジナルと考えられている[3]1835年刊行のイライジャ・バリットの星図 Atlas of the Heavens にも描かれている[1]が、その後広く使われることはなく、現行の88星座には含まれていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、277頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  2. ^ Alexander Jamieson. “Celestial Atlas”. United States Naval Observatory. 2014年5月10日閲覧。
  3. ^ Ian Ridpath. “Alexander Jamieson - Celestial Atlas”. 2014年5月10日閲覧。