みなみのかんむり座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみのかんむり座
Corona Australis
Corona Australis
属格 Coronae Australis /
Coronae Austrinae
略符 CrA
発音 [kɵˈroʊnə ɒˈstreɪlɨs]もしくは/kɵˈroʊnə ɒˈstraɪnə/、属格:/kɵˈroʊniː/
象徴 The Southern Crown
概略位置:赤経 19
概略位置:赤緯 −40
広さ 128平方度 (80位
主要恒星数 6
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
14
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α CrA(4.1
最も近い星 HD 177565;(56光年)
メシエ天体 0
流星群 Beta Corona Austrinids
隣接する星座 いて座
さそり座
さいだん座
ぼうえんきょう座

みなみのかんむり座(南の冠座、Corona Austrina)は、南天の星座トレミーの48星座の1つ。

かんむり座とは別の星座である。日本の大部分では南の低い空でしか見ることができない。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:アルフェッカ・メリディアナ(Alfecca Meridiana)は、この星座唯一の固有名がつけられている。4.11等。

星団・星雲・銀河[編集]

由来と歴史[編集]

古い星座だが由来ははっきりしない。射手の冠、ケンタウルスの冠、ケイローンの冠[要出典]などと呼ばれることもあるが、これはすぐそばにいて座(ケンタウルスのケイローン)があることに由来する。

呼称と方言[編集]

ラテン語名は Corona Australis とすることもある(この場合、属格形は Coronae Australis、略符は同じ)。