りゅうこつ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅうこつ座
Carina
Carina
属格 Carinae
略符 Car
発音 [kəˈraɪnə] Carína, 属格:/kəˈraɪniː/[注 1]
概略位置:赤経 9
概略位置:赤緯 −60
広さ 494平方度 (34位
主要恒星数 9
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
52
系外惑星が確認されている恒星数 7
3.0等より明るい恒星数 6
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 カノープス(α Car)(-0.72
最も近い星 LHS 288;(14.6光年)
メシエ天体 0
流星群 Alpha Carinids
Eta Carinids
隣接する星座 ほ座
とも座
がか座
とびうお座
カメレオン座
はえ座
ケンタウルス座

りゅうこつ座(りゅうこつざ、竜骨座、Carina)は、南天の星座の1つ。

α星は、全天21の1等星の中で2番目に明るく、カノープスと呼ばれる。

α星カノープス以外にもβ星、ニセ十字を構成する星など、明るい星がかなり多いが、南天の比較的高緯度にあるため、西日本で北の端がわずかに見える程度である。一方、南半球では華やかに夜空を彩り、みなみじゅうじ座ケンタウルス座らと共に代表的な星座となっている。

ほ座δ星κ星、りゅうこつ座ι星とε星を結ぶと十字架の形になるので、これらの星たちはみなみじゅうじ座と見誤りやすい[1]。このためこの4星をニセ十字と呼ぶ[1]

主な天体[編集]

恒星[編集]

1等星のα星(カノープス)以外に、β星、ε星、ι星の3つの2等星がある。

  • α星:カノープスは、りゅうこつ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の中でも2番目に明るい恒星である(太陽を含めると3番目)[2]。約1万2千年後には南極星になる。
  • β星:ミアプラキドゥスは、りゅうこつ座で2番目に明るい恒星。2等星[3]
  • ε星:アヴィオールは、ニセ十字を形成する2等星[4]
  • η星高輝度青色変光星(LBV)。
  • ι星:アスピディスケは、ニセ十字を形成する2等星[5]

星団・星雲・銀河[編集]

  • IC 2602散開星団。南天のプレアデスと呼ばれる事もある。
  • NGC 3372(イータカリーナ星雲):散光星雲。η星のそばにあり、これは肉眼でも見ることができる。

その他[編集]

由来と歴史[編集]

元々ギリシア神話に登場するアルゴー船をかたどったアルゴ座が存在したが、あまりに巨大すぎたため1756年ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって3つに分割された[注 2]。りゅうこつ座は、このアルゴー船の「竜骨」の部分に相当する[6]

ラカーユがアルゴ座を分割した際、りゅうこつ座、ほ座とも座はひとまとめにバイエル符号を割り振られた[6]。このため、りゅうこつ座には、α星、β星、ε星、η星、θ星、ι星、υ星、χ星、ω星があるが、γ星やδ星などはない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オックスフォード英語辞典
  2. ^ 他の2つはほ座とも座らしんばん座も含めて4つともされる。

出典[編集]

  1. ^ a b 沼澤茂美・脇屋奈々代 (2007). 星座の事典. ナツメ社. p. 43,249. ISBN 978-4-8163-4364-3. 
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME CANOPUS. 2013年1月15日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NLTT 21307. 2013年2月4日閲覧。
  4. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for * eps Car. 2013年2月5日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for * iot Car. 2013年2月5日閲覧。
  6. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Carina”. 2014年1月29日閲覧。