りゅうこつ座イプシロン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りゅうこつ座ε星[1]
Epsilon Carinae
Avior.png
りゅうこつ座ε星の連星系の想像図
星座 りゅうこつ座
視等級 (V) 1.953[1]
変光星型 食変光星?
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 08h 22m 30.83526s[1]
赤緯 (Dec, δ) -59° 30′ 34.1431″[1]
赤方偏移 0.000039[1]
視線速度 (Rv) 11.6km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -25.52 ミリ秒/年[1]
赤緯: 22.06 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 5.39 ± 0.42 ミリ秒[1]
距離 604.82 ± 51.11光年[注 1]
(185.53 ± 15.68パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -4.389[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 K3:IIIv+ [1]
色指数 (B-V) +1.28[2]
色指数 (U-B) +0.19[2]
別名称
別名称
FK5 315[1], HD 71129[1]
HIP 41037[1], HR 3307[1]
SAO 235932[1]
■Project ■Template
視等級 (V) ~2.41
物理的性質
半径 153 R
質量 4.6 M
スペクトル分類 K3III
光度 6,000 L
表面温度 4,100 K
■Project ■Template
視等級 (V) ~3.1
物理的性質
半径 6 R
質量 16 M
スペクトル分類 B2V
光度 ~11,000 L
表面温度 24,000 K
■Project ■Template

りゅうこつ座イプシロン星(りゅうこつ座ε星)は、りゅうこつ座恒星で2等星。ニセ十字を形成する恒星の1つでもある。りゅうこつ座の中央に位置する。

特徴[編集]

橙色の主星と青白色の伴星からなる実視連星である。

名称[編集]

船舶や航空機の天測航法でよく用いられる57の恒星のうち、この恒星とくじゃく座α星の2個のみが固有名を持っていなかったため1930年代にイギリス空軍機用の天測暦を作成にあたりアヴィオール(Avior)という固有名称が与えられた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p SIMBAD Astronomical Database”. Results for * eps Car. 2013年2月5日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版

関連項目[編集]