アルゴ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゴ座の星図—ヨハネス・ヘヴェリウスにより1690年に描かれたもの

アルゴ座(アルゴざ、Argo)、かつて存在した南天の星座の1つ。その名称はギリシア神話に登場する船、アルゴーにちなむ。アルゴ船座(アルゴせんざ、Argo Navis)、あるいは単に Navis (船座)ともいう。現在は、りゅうこつ座ほ座とも座の3つに分割されている[注 1]

アルゴ座の恒星一覧[編集]

現在所属している星座ごとに分類したバイエル符号のついたアルゴ座の恒星の一覧である。ただし、ギリシャ文字がついているものに限定してある。

アルゴ座の恒星

りゅうこつ座[編集]

ほ座[編集]

とも座[編集]

由来と歴史[編集]

アルマゲスト』に見えるプトレマイオス星座の一つだが、それ以前のアラートスの『ファイノメナ』にも詩われている歴史の古い星座である。ギリシアの詩人たちによれば、星座となっているアルゴー船は、船首部分を欠いた不完全な形であるという。プトレマイオスが定義したアルゴ座は、現在の「らしんばん座」と「とも座」の大部分、それに「ほ座」の西半分ほどの領域であり、カノープスは「りゅうこつ座」の北西端だったが、プトレマイオスのアルゴ座では南西端だった。

ティコヘヴェリウスフラムスティードらは「とも座」の北側しか」観測できなかった。

大航海時代になって、バイエルの星図ハウトマンの星表で「りゅうこつ座」の大部分と「ほ座」の東半分が付け加えられた。しかし、その領域はプトレマイオスがなにも記述していなかったため、バイエルはアルゴー船の船首をもぎ取った巨大な岩を置いた。南天の星を新しく観測したハレーは、バイエルが置いた岩を樫の木に置き換えた。

プランシウスは、Archa Noachi (ノアの方舟座)と改名し、3本マストの近代的な帆船を描いた。

1756年にフランスの天文学者ラカーユは、ハレーのチャールズの樫の木座をアルゴ座に戻したが、その代わりにマストをもぎ取って、新たに羅針盤座を設定した。なお、ラカーユに関して、彼がアルゴ座を「とも座」・「ほ座」・「りゅうこつ座」の3つ (あるいはこれらに「らしんばん座」を加えて4つに分割したという都市伝説が現在も広く信ぜられている[1]

1928年の第3回国際天文学連合総会において現行の88星座が制定されたたときに、「とも座」・「ほ座」・「らしんばん座」・「りゅうこつ座」の総称としてラテン語名の Argo と属格形 Argus 、略符の Arg が制定され、日本でも1974年に刊行された『学術用語集・天文学編』で番外として和名の「アルゴ座」を制定したが、これを実際に使用していたのは野尻抱影くらいで、天文学者は誰も使わないので、現在の各種星座表では使われなくなった。


関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 村山定男 『キャプテン・クックと南の星』 河出書房新社、2003年、51-55頁。ISBN 4-309-90533-1

外部リンク[編集]


引用エラー: 「注」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません