たて座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たて座
Scutum
Scutum
属格 Scuti
略符 Sct
発音 [ˈskjuːtəm]、属格:/ˈskjuːtaɪ/
象徴 the Shield
概略位置:赤経 18h 42m
概略位置:赤緯 −10
広さ 109平方度 (84位
主要恒星数 2
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
7
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α Sct(3.85
最も近い星 α Sct;(174光年)
メシエ天体 2
流星群 たて座6月流星群
隣接する星座 わし座
いて座
へび座(尾部)

たて座(楯座、Scutum)は、星座の1つ。

主な天体[編集]

恒星[編集]

星団・星雲・銀河[編集]

  • M11 (NGC 6705):散開星団。散開星団の中では密集した天体。距離6000光年。約2900の星からなる。英語ではこの星団をカモに見立て、the Wild Duck Cluster と呼ぶ。
  • M26 (NGC 6694):散開星団。距離5000光年。

由来と歴史[編集]

1684年に「ソビエスキのたて座」 Scutum Sobiescianum としてヨハネス・ヘヴェリウスが制定した[1]。これは、1679年に焼失したヘヴェリウスの観測施設の再建に協力したポーランド王ヤン三世ソビエスキを記念したものである[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Scutum”. 2014年1月28日閲覧。