ケルベルス座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ボーデの星図に描かれた
ケルベルス座

ケルベルス座(ケルベルスざ、Cerberus)[1]は、現在使われていない星座の1つ。

ヨハネス・ヘヴェリウス1687年に作成した星図 Firmamentum Sobiescianum sive Uranographia の中で、ヘルクレス座の頭部とはくちょう座の頭部の間に、現在のヘルクレス座の93、95、96、109番星を用いて作られたのが最初である[2]。その中では、ヨハン・バイエルウラノメトリアではヘラクレスが握り締めた黄金のリンゴの枝として描かれていた[3]部分を置き換える形で描写された[4]。また地獄番犬とされるケルベロスだが、星図上では3つの頭がではなくとして描かれた[4]

エドモンド・ハレーの友人でもあったイギリス人占星術師ジョン・セネクス英語版は、1721年に刊行した地図の中で、リンゴの枝に絡まっている蛇として描写した。この描写は後のヨハン・ボーデの「ウラノグラフィア」にも引き継がれている[4]

1928年国際天文学連合が現行の88星座を定めた際にヘルクレス座の一部とされ、現在は使われていない。

脚注[編集]

  1. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、268-269頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  2. ^ Richard Hinckley Allen. “Star Names - Their Lore and Meaning”. Bill Thayer. 2014年5月10日閲覧。
  3. ^ Bayer, Johann (1603年). “Uranometria”. Linda Hall Library, LHL Digital Services.. 2014年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c Ian Ridpath. “Star Tales - Cerberus”. 2014年5月10日閲覧。