いるか座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いるか座
Delphinus
Delphinus
属格 Delphini
略符 Del
発音 [dɛlˈfaɪnəs] Delfínus, 属格 /dɛlˈfaɪnaɪ/
象徴 Dolphin
概略位置:赤経 20.7
概略位置:赤緯 +13.8
20時20分正中 9月26日
広さ 189平方度 (69位
主要恒星数 5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
19
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 β Del(3.63
最も近い星 HD 197076;(68.45光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 こぎつね座
や座
わし座
みずがめ座
こうま座
ペガスス座

いるか座(海豚座、Delphinus)は、天の川の近くにある星座で、トレミーの48星座の1つ。

全体的に暗い星座ではあるが、星々が密集しているため、天の川が見える程度に環境が良ければ見つけやすい星座である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

α星とβ星の固有名 スアロキン(Sualocin)とロタネブ(Rotanev)は、1814年にパレルモ天文台台長のジュゼッペ・ピアッツィが出版した恒星図で初めて使われた。これは、当時助手を務めていたニッコロ・カチャトーレ(en:Niccolò Cacciatore)の名前をラテン語化した Nicolaus Venator を逆から読んだものである[1]

  • α星:スアロキン (Sualocin) は、スペクトル型9B IV、視等級3.77の6重連星。
  • β星:ロタネブ (Rotanev) は、スペクトル型F5 IV、視等級 3.63。
  • γ星:美しい二重星。γ1は、スペクトル型 F7 V、視等級 5.14。γ2は、スペクトル型 K1 IV、視等級 4.27。
  • δ星:スペクトル型 A7 IIIp、視等級 4.43。

これらの星は、ヨブの棺 (Job's Coffin) と言われるひし形をつくる。ヨブとは旧約聖書ヨブ記の主人公である。

  • ε星:デネブ・ダルフィム(Deneb Dulfim、イルカの尾の部分)と呼ばれるこの星は、スペクトル型 B6III で視等級4である。この星は単にデネブと呼ばれることもあるが、普通は「デネブ」の名ははくちょう座α星に対して使われる。
  • R星:285.5日周期のミラ型変光星。視等級は7.6から13.8に変化する。
  • PNV J20233073+2046041:最大視等級4.3の新星

星団・星雲・銀河[編集]

神話[編集]

いるかは海の神ポセイドンの使いとされている[2]

偽エラトステネスは、ポセイドンの妻になることを拒んで逃げたアムピトリーテーを探し出して連れ戻ったイルカを記念したもの、としている[1]

ヒュギーヌスオウィディウスは、紀元前7世紀の詩人アリオンにまつわる話を伝えている。アリオンがシチリア島の音楽コンクールで優勝して故郷に帰る際、優勝賞金に目がくらんだ船員がアリオンを殺害しようとした。アリオンは死ぬ前に琴を弾かせて欲しいと願い、船員たちはこれを許した。アリオンが弾き始めると、どこからともなくイルカの群れがやってきて、曲を鑑賞した。アリオンが身を投げると、イルカがその背にアリオンを乗せて故郷に連れ帰った。イルカはその功績が称えられ星座になった[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c Ian Ridpath. “Star Tales - Delphinus”. 2014年2月3日閲覧。
  2. ^ a b 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0