さんかく座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さんかく座
Triangulum
Triangulum
属格 Trianguli
略符 Tri
発音 /traɪˈæŋɡjʊləm/、属格:/traɪˈæŋɡjʊlaɪ/
象徴 The Triangle
概略位置:赤経 2
概略位置:赤緯 +30
広さ 132平方度 (78位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
15
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 β Tri(3.00
最も近い星 δ Tri;(35.4光年)
メシエ天体 1
流星群 無し
隣接する星座 アンドロメダ座
うお座
おひつじ座
ペルセウス座
観測可能地域は+90°と−60°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは12月の間

さんかく座(三角座、Triangulum)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。

3つの3等星と4等星が細長い三角形を形成する小さな北天の星座。この星座のほかに、みなみのさんかく座が別にある。また星座以外で恒星によって構成される天球上の三角としては冬の大三角春の大三角夏の大三角がある。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:カプトトリアングリ
  • β星:さんかく座で最も明るい恒星。

星団・星雲・銀河[編集]

その他[編集]

由来と歴史[編集]

さんかく座は小さい星座で明るい星もないが、周辺に明るい星がないので見分けやすい。特に特徴的な神話は伝わっていない。ギリシャ文字のΔ(デルタ)の形に似ているので、古くはデルトートンとも呼ばれた。ローマ神話では、農業の神でシチリア島の守護神でもあったケレスジュピターに依頼してシチリアの形を天に掲げたのが由来とされている。そのために古くはSicilia(シシリア)と呼ばれていたこともある。