さんかく座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さんかく座
Triangulum
Triangulum
属格 Trianguli
略符 Tri
発音 [traɪˈæŋɡjʊləm]、属格:/traɪˈæŋɡjʊlaɪ/
象徴 The Triangle
概略位置:赤経 2
概略位置:赤緯 +30
広さ 132平方度 (78位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
15
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 β Tri(3.00
最も近い星 δ Tri;(35.4光年)
メシエ天体 1
隣接する星座 アンドロメダ座
うお座
おひつじ座
ペルセウス座
観測可能地域は+90°と−60°の間
21:00(午後9:00)に最も良く見えるのは12月の間

さんかく座(三角座、Triangulum)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。3等星と4等星が細長い三角形を形成する小さな北天の星座。周辺に明るい星がないので比較的見分けやすい。

この星座以外にも三角と名前がつく星座に、みなみのさんかく座がある。また星座以外で恒星によって構成される天球上の三角としては冬の大三角春の大三角夏の大三角がある。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:メタラー、カプトトリアングリ
  • β星:さんかく座で最も明るい恒星。

星団・星雲・銀河[編集]

その他[編集]

由来と歴史[編集]

特徴的な神話は伝わっていない。

ギリシャ文字の Δ(デルタ)の形に似ているので、ギリシャでは古くは「デルトートン」とも呼ばれた。偽エラトステネスナイル川の三角州を表すと伝えている。またローマの詩人ヒギヌスは、3つの岬を持つことから「トリナクリア」 (Trinacria) と呼ばれたシチリア島であると看做した者もいたと伝えている。トリナクリアは農業女神ケレスの故郷であるとされていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Triangulum”. 2014年6月13日閲覧。