教皇冠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ピエトロ大聖堂に保存されている教皇冠

教皇冠(きょうこうかん、ラテン語Tiaraイタリア語Tiara papale)は、ローマ教皇の地位を象徴する。時代を通じて数多くの教皇冠が用意され、過去の冠の一部は現存している。

冠を三段に重ねた形状から、三重冠ラテン語Triregnumイタリア語Triregno)ともいう。

概要[編集]

教皇冠は、教皇の地位を象徴する冠であり、宝石できらびやかに飾られた三重の冠の形状をしている。冠自体の材質はバーメイル(めっきされた)。この三重の冠の意味は、「司祭司牧教導の三権」を、また「天国煉獄・(地上の神の国)教会」を象徴すると解されている。

クレメンス5世(在位:1305年 - 1314年)のときに初めて戴冠され、パウロ6世(在位:1963年 - 1978年)のときまで戴冠が行われた。

1962年から1965年にかけて行われた第2バチカン公会議の後、パウロ6世は主要な儀式においても教皇冠を使用せず、貧しい人々のために売却しようと考えた。この結果、パウロ6世の教皇冠は1968年にアメリカ合衆国ワシントンD.C.無原罪の御宿りの聖母教会en:Basilica of the National Shrine of the Immaculate Conception)にて展示公開されることとなり、もたらされる利益は貧しい人々に用いられるものとされた。 その後1975年の使徒憲章ロマーノ・ポンティフィチ・エリジェンド』によって、教皇選出方法に関する改革が行われたが、教皇冠は制度としては存続した。

次のヨハネ・パウロ1世(在位:1978年)、ヨハネ・パウロ2世(在位:1978年 - 2005年)、ベネディクト16世(在位:2005年 - 2013年)、フランシスコ(在位:2013年 - )も教皇冠の戴冠を行わず、教皇冠の敬遠は半ば慣例となっている。

教皇冠の意匠[編集]

歴代教皇の紋章、バチカンの国旗、国章のいずれにも教皇冠の意匠があしらわれている。

また、ヨハネ・パウロ2世までは、教皇個人の紋章に教皇冠の意匠をあしらう慣例は続けられた。しかし、先の教皇ベネディクト16世は、自らの教皇紋章に教皇冠の意匠を用いず、司教の象徴であるミトラ(司教帽)の意匠をあしらっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]