ビエラ彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビエラ彗星
3D/Biela
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
分裂直後のビエラ彗星のスケッチ。
1846年、E・ヴァイス画。
発見
発見者  ジャック・モンテーニュ
ヴィルヘルム・フォン・ビーラ
発見日  1772年3月8日(モンテーニュ)
1826年2月27日(ビーラ)
符号・別名  3D/1772 E1 = 1772 =
3D/1805 V1 = 1806 I =
3D/1826 D1 = 1826 I =
3D/1832 S1 = 1832 III =
1846 II = 1852 III
ビーラ彗星
軌道要素 - IAUNASA
元期 1852年9月29日
離心率 (e)  0.751299
近日点距離 (q)  0.879073 AU
軌道長半径 (a)  3.534658 AU
遠日点距離 (Q)  6.190243 AU
公転周期 (P)  6.64540
軌道傾斜角 (i)  13.21640°
近日点引数 (ω)  221.65880°
昇交点黄経 (Ω)  250.66900°
前回近日点通過  1852年9月24日
次回近日点通過  なし(消滅)

ビエラ彗星(ビエラすいせい、3D/Biela)は、1826年ヴィルヘルム・フォン・ビーラによって発見され、のちに消滅し、アンドロメダ座流星群の母彗星となった周期彗星である。ドイツ語本来の読みに近づけて、ビーラ彗星と表記されることもある。

発見[編集]

ビエラ彗星は、1772年3月8日ジャック・モンテーニュが、1805年11月10日ジャン=ルイ・ポンが発見していた。 しかし、1826年2月27日にヴィルヘルム・フォン・ビエラが発見し、軌道計算をして初めて、周期6.6年の周期彗星だとわかったため、彼の名前が付けられた。 当時、周期彗星の発見は、ハレー彗星エンケ彗星に続き、3つ目だった。

消滅[編集]

1846年近日点通過に先立つ1845年12月、ビエラ彗星が2つの破片に分裂するのが観測された。 次の1852年には再び観測されたが、破片同士の距離は240万kmに達していた。それ以後、二度と現れていない。

次の1859年には、近日点通過が太陽に近かったため観測不可能だったが、その次の1866年は、観測条件がよかったにもかかわらず現れなかった。

流星群[編集]

1872年11月27日アンドロメダ座γ星付近を放射点とする、明るい流星を多く含んだ非常に壮大な流星雨が観測された。この放射点の位置は、ビエラ彗星が現れるはずだった場所と一致していた。 アンドロメダ座流星群あるいはビエラ流星群と名づけられたこの流星群は、完全に崩壊し粉々になって消滅したビエラ彗星の残骸が地球の大気に突入したものと考えられている。 アンドロメダ流星群は、1741年1798年1830年1838年1847年1867年にも流星群が観測されており、ビエラ彗星は消滅に先立ち徐々に分解しつつあったようである。 分解の一因は、1845年1859年1866年に地球に接近した際の、地球の重力と思われる。 流星群はその後、1885年1892年にも観測されたが、20世紀には活動が見られなくなった。 なお、1885年11月27日メキシコに落下したマザビル隕石は、ビエラ彗星の一部だったと考えられている。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]


前の彗星:
エンケ彗星
周期彗星
ビエラ彗星
次の彗星:
フェイ彗星