エンケ彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンケ彗星
2P/Encke
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
1994年1月5日に撮影されたエンケ彗星
発見
発見者  ピエール・メシャン
発見日  1786年
符号・別名  2P/1786 B1 = 1786 I =
2P/1795 V1 = 1795 =
2P/1805 U1 = 1805 =
2P/1818 W1 = 1819 I =
2P/1822 L1 = 1822 II =
1825 III = 1829 = 1832 I = 1835 II =
1838 = 1842 I = 1845 IV = 1848 II =
1852 I = 1855 III = 1858 VIII = 1862 I =
1865 II = 1868 III = 1871 V = 1871c =
1875 II = 1875a = 1878 II = 1878c =
1881 VII = 1881d = 1885 I = 1884d =
1888 II = 1888b = 1891 III = 1891c =
1895 I = 1894d = 1898 III = 1898d =
1901 II = 1901b = 1905 I = 1904b =
1908 I = 1908b = 1911 III = 1911d =
1914 VI = 1914d = 1918 I = 1917c =
1921 IV = 1921d = 1924 III = 1924b =
1928 II = 1927h = 1931 II = 1931a =
1934 III = 1934a = 1937 VI = 1937h =
1941 V = 1941b = 1947 XI = 1947i =
1951 III = 1950e = 1954 IX = 1953f =
1957 VIII = 1957c = 1961 I = 1960i =
1964 IV = 1963h = 1967 XIII = 1967h =
1971 II = 1970l = 1974 V = 1977 XI = 1980 XI =
1984 VI = 1987 XIII = 1990 XXI = 1994 V
軌道要素 - IAUNASA
元期 2007年4月10.0日TT = JDT 2454200.5
離心率 (e)  0.847040
近日点距離 (q)  0.339269 AU
軌道長半径 (a)  2.218032 AU
遠日点距離 (Q)  4.096795 AU
公転周期 (P)  3.30
軌道傾斜角 (i)  11.7543°
近日点引数 (ω)  186.5230°
昇交点黄経 (Ω)  334.5714°
前回近日点通過  2010年8月6日
次回近日点通過  2013年11月21日

エンケ彗星(えんけすいせい、2P/Encke)は周期3.3年で太陽の回りを公転する彗星

現在知られている周期彗星の中で最も短い周期を持つ。ハレー彗星の次に周期性が確認された彗星である。

初めてこの彗星が確認されたのは1786年のことで、メシエ天体シャルル・メシエの協力者としても有名なピエール・メシャン (Pierre Mechain) によって発見された。

その後、1795年1805年1818年にも確認されている。そして1822年ヨハン・フランツ・エンケ (Johann Franz Encke) の軌道計算によりこれらの彗星が同一の周期3.3年の彗星であることが確認された。そこでこの彗星をエンケ彗星と呼ぶようになった。

エンケ彗星は遠日点距離が約4.0天文単位であり、木星摂動の影響を強く受ける。そのため公転周期は木星の公転周期(11.86年)とほぼ7:2の軌道共鳴関係になっている。

エンケ彗星はおうし座流星群母彗星と考えられている。過去にエンケ彗星やおうし座流星群の流星体と同じような軌道を持っていたと考えられる小惑星や小流星群の流星体が知られている。これらを総称しておうし座流星群複合体 (Taurid complex) と呼んでいる。これらは過去に巨大な一つの彗星が分裂して生じた破片(クロイツ群彗星)だとする説が唱えられている。また、「ツングースカ大爆発」の原因はこの彗星の破片が引き起したものではないかと唱える意見も存在する。軌道周回期間は徐々に速くなっている事が確認されている。これは彗星核から放出されるダストやイオンの放出が徐々に大きくなり、ジェット効果が強まっているのではと見る声もある。

遠日点に至るまで年中観測が可能になった為、1970年の検出(1970l)を最後に旧仮符号が与えられなくなった。当時このような扱いを受けた周期彗星はシュワスマン・ワハマン第1彗星など一部の円軌道の彗星に限られていた。1995年に周期彗星の検出の定義が変更されたため、現在では原則として周期彗星が回帰しても、エンケ彗星と同様に認識符号は付与されない。


前の彗星:
ハレー彗星
周期彗星
エンケ彗星
次の彗星:
ビエラ彗星