パイオニア・ヴィーナス計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイオニア・ヴィーナス・オービターによって紫外線で観測された1979年の金星の雲の構造

パイオニア・ヴィーナス計画(パイオニア・ヴィーナスけいかく、Pioneer Venus project)は、別々に打ち上げられた2機の探査機によって行われた。パイオニア・ヴィーナス1号(パイオニア・ヴィーナス・オービター)は1978年に打ち上げられて軌道投入後数十年にわたって金星を探査し、パイオニア・ヴィーナス2号(パイオニア・ヴィーナス・マルチプローブ)は4つの小さなプローブを金星の大気中に運んだ。アメリカ航空宇宙局エイムズ研究センターパイオニア計画の一環として運用した。

パイオニア・ヴィーナス・オービター[編集]

パイオニア・ヴィーナス・オービター
Pioneer Venus orbiter.jpg
パイオニア・ヴィーナス・オービター
所属 エイムズ研究センター
任務 オービター
周回対象 金星
軌道投入日 1978年12月4日
打上げ日時 1978年5月20日
打上げ機 アトラス・セントール
任務期間 1978年5月20日-1992年8月
軌道減衰 1992年8月
COSPAR ID 1978-051A
公式サイト National Space Science Data Center (NASA)
質量 517 kg
消費電力 312 watts
軌道要素
離心率 .842
軌道傾斜角 105°
遠点高度 1.03 RV
近点高度 12.01 RV
軌道周期 24時間
1978年から1980年と1992年のパイオニア・ヴィーナス・オービターの軌道高度
ケネディ宇宙センターのパイオニア・ヴィーナス・オービター

パイオニア・ヴィーナス・オービターは、1978年12月4日に金星の楕円軌道に入った。オービターは直径2.5m、高さ1.2mの平たい円筒形で、後方の4.7mのブームの先に付く磁気センサを除き、全ての機器とシステムが前端に収められている。円筒の周囲には太陽電池が展開し、デスパンアンテナが地球とのS帯及びX帯の通信を担った。ヒューズ・エアクラフト社によって製造された。

実験機器[編集]

パイオニア・ヴィーナス・オービターは、合計45kgになる17個の実験機器を運んだ。

  • 雲写真旋光計(OCPP)は、雲の垂直分布を測定した。
  • 地表レーダーマッパー(ORAD)は、地形と地面の特徴を決定した。観測は、地表から4,700km以内に近づいた時に行われた。周波数1.757GHz、強さ20Wの信号がS帯で伝送され、地表で反射されたエコーが分析された。近点での解像度は、23×7kmであった。
  • 赤外線放射計(OIR)は、金星の大気からの赤外線放射を測定した。
  • 紫外線分光計(OUVS)は、散乱または放射紫外線を測定した。
  • 中性質量分析器(ONMS)は、大気上層の組成を決定した。
  • 太陽風プラズマ分析器(OPA)は、太陽風の性質を測定した。
  • 磁気センサ(OMAG)は、金星の磁場を観測した。
  • 電界検出器(OEFD)は、太陽風とその相互作用を調査した。
  • 電子温度計(OETP)は、電離圏の熱的性質を調査した。
  • イオン質量分析器(OIMS)は、電離圏のイオン組成を決定した。
  • 荷電粒子逆電圧分析器(ORPA)は、電離圏の粒子を調査した。
  • 2つの電波科学実験装置は、金星の重力場を決定した。
  • 電波掩蔽実験装置は、大気の性質を調査した。
  • 大気抵抗実験装置は、上層大気を調査した。
  • ガンマ線バースト検出器(OGBD)は、ガンマ線バーストを記録した。
  • 大気と太陽風の乱流の測定。

ミッションの詳細[編集]

1980年7月に金星の軌道に入り、レーダーの補助と電離圏の測定のために近点は142kmから253kmの間に保たれ、遠点66,900kmの周期24時間の楕円軌道を回った。その後、近点は最高2290kmまで引き上げられ、燃料の節約のため再び下げられた。1991年、レーダーマッパーが再起動され、到着したマゼランとともに、以前はできなかった南半球の調査を行った。1992年5月、ミッションの最終段階に入り、燃料が枯渇して8月に大気圏再突入して燃え尽きるまで、近点は150kmから250kmに保たれた。

結果[編集]

パイオニア・ヴィーナス・オービターのレーダー高度計のデータから、金星表面の最初の地形図が作られた。 金星の地図


パイオニア・ヴィーナス・マルチプローブ[編集]

パイオニア・ヴィーナス・マルチプローブ

パイオニア・ヴィーナス・マルチプローブは、1つの大きなプローブと3つの小さなプローブを運ぶ1つのバスから構成された。そのプローブのいずれも写真を撮影する能力はなく、土壌の分析もできなかった。また、ソフトランディングさえできず、地上で活動できれば幸運と考えられていた。大きなプローブのパラシュートはある程度の高度で切り離されるように設計してあり、小さなプローブにはパラシュートもなかった。大気圏に突入した全てのプローブは少なくとも衝突の瞬間までは、金星の厚い大気の中で機能していたが、衝突後もかなりの時間、機能を保ったのは1つだけであった。

大きなプローブは、1978年11月16日、3つの小さなプローブは11月20日に放出された。4つとも12月9日に、バスに続いて金星の大気圏に突入した。

パイオニア・ヴィーナスのプローブとバス
大プローブ 北プローブ 昼プローブ 夜プローブ バス
大気圏突入時刻 (200km) 18:45:32 18:49:40 18:52:18 18:56:13 20:21:52
衝突時刻 19:39:53 19:42:40 19:47:59 19:52:05 (信号は高度110kmで途絶)
信号途絶時刻 19:39:53 19:42:40 20:55:34 19:52:07 20:22:55
衝突地点 北緯4.4東経304.0 南緯59.3東経4.8 南緯31.3東経317.0 南緯28.7東経56.7 南緯37.9東経290.9 (推定)
太陽天頂角度 65.7 108.0 79.9 150.7 60.7
金星時間 7:38 3:35 6:46 0:07 8:30

バス[編集]

パイオニア・ヴィーナス・バス
Pioneer Venus 2 inspection.jpg
プローブが接続したパイオニア・ヴィーナス・バス
所属 エイムズ研究センター
任務 大気プローブ
周回対象 金星
打上げ日時 1978年8月8日
打上げ機 アトラス・セントール
COSPAR ID 1978-078A
公式サイト National Space Science Data Center (NASA)
質量 290 kg
消費電力 241 W(太陽電池)

パイオニア・ヴィーナス・バスは、浅い進入角度で金星の大気圏に突入し、突入に伴う熱で破壊されるまでデータを伝送した。その目的は、地表までの大気の構造と組成、雲の性質と組成、大気下層の放射場とエネルギー交換、局地的な大気循環パターンの調査である。

バスは直径2.5mの円筒型で、重さは290kgであり、プローブが大気下層で減速するまで測定を行わなかったため、金星の大気上層の様子を唯一直接見せてくれた。

熱シールドもパラシュートも持たず、バスはイオン質量分析器(BIMS)と中性質量分析器(BNMS)を用いて、1978年12月9日に高度約110kmまで崩壊するまで測定を続けた。

大プローブ[編集]

大プローブ
Pioneer Venus Large Probe.jpg
パラシュートを開いたパイオニア・ヴィーナスの大プローブ
任務 大気プローブ
周回対象 金星
打上げ日時 1978年11月16日
打上げ機 パイオニア・ヴィーナス・バス
COSPAR ID 1978-078D
質量 315 kg
消費電力 バッテリー

パイオニア・ヴィーナス大プローブは、7つの測定機器を備え、それらは密閉された球形の加圧容器の中に収められた。科学機器は、次の通りである。

  • 中性質量分析器は、大気の組成を測定した。
  • ガスクロマトグラフィーは、大気の組成を測定した。
  • 太陽流束放射計は、大気を透過する太陽流束を測定した。
  • 赤外線放射計は、赤外線放射の分布を測定した。
  • 雲粒子サイズ分光計は、粒子の大きさと形を測定した。
  • 比濁計は、雲の粒子を探索した。
  • 温度、気圧、加速度のセンサー

加圧容器は、船尾の保護カバー内に収められた。金星の夜の側の赤道付近で約11.5km/sの速度で大気圏突入し、高度47kmでパラシュートが展開した。大プローブの直径は約1.5mで、加圧容器自体の直径は73.2cmであった。

小プローブ[編集]

小プローブ
任務 大気プローブ
周回対象 金星
打上げ日時 1978年11月20日
打上げ機 パイオニア・ヴィーナス・バス
質量 90 kg (それぞれ)
消費電力 バッテリー

3つの小プローブはどれも同じ形で、直径は0.8mであった。これらのプローブも防護殻に囲まれた球形の加圧容器から構成されていたが、大プローブと異なり、パラシュートはなく、防護殻はプローブから分離しなかった。

それぞれの小プローブは、大気中の放射エネルギーの源と滞留の分布をマッピングするための比濁計と温度、気圧、加速度のセンサー、流束放射計を備えていた。4つのプローブからの無線信号は、風、乱流、大気の伝搬を調べるのにも用いられた。

小プローブは、それぞれ金星の異なる地点を目標とし、それに応じた名前が付けられた。

  • 北プローブは、昼の側の北緯60°の地点で大気圏に突入した。
  • 夜プローブは、夜の側で大気圏に突入した。
  • 昼プローブは、昼の側で大気圏に突入し、衝突後も1時間以上信号を送信した唯一のプローブとなった。

1986年のハレー彗星の観測[編集]

金星を周回するパイオニア・ヴィーナス・オービターは、1986年2月にハレー彗星が太陽の後ろに隠れた時、それを最前列で観測することができた。2月9日にハレー彗星が近日点にいた時には、紫外線分光計で水の消失を観測した[1]

出典[編集]

  1. ^ Pioneer Venus Observations during Comet Halley's Inferior Conjunction”. University of California, Los Angeles. 2009年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]