ビーナス・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーナス・エクスプレス (Venus Express)
Venus Express
ビーナス・エクスプレス
所属 欧州宇宙機関 (ESA)
公式ページ [1]
国際標識番号 2005-045A
カタログ番号 28901
状態 運用中
観測対象 金星
打上げ機 ソユーズ
打上げ日時 2005年11月9日
3時33分
軌道投入日 2006年5月7日
ランデブー日 2006年4月11日

ビーナス・エクスプレス (Venus Express) は欧州宇宙機関 (ESA) の金星探査機2005年11月9日に打ち上げられ、2006年4月11日に金星周回軌道に到着した後、5月7日に観測用軌道(南極上空の高度66,000km、北極上空の高度約250kmを24時間で周回する軌道)に投入された。

ビーナス・エクスプレスは、2014年5月に観測運用を終了、その後、大気圏突入に向けた準備を開始した [1]。この後、ビーナス・エクスプレスは金星の大気圏上層に突入して大気抵抗でどのくらい高度が下がるのか実験を行う。2014年6月18日から7月11日まで高度を130kmまで下げてエアロブレーキング実験を行う[2]


概要[編集]

ビーナス・エクスプレスは、欧州宇宙機関初の金星探査機であり、2005年11月9日にカザフスタンバイコヌール宇宙基地より打ち上げられた。計画は2001年より開始されている。探査機のデザインは、火星探査機マーズ・エクスプレスの経験を生かしたものとなっている。ただし、火星と金星の違いを考慮し、太陽熱や放射線に対する耐性を向上させている。

最初の発射予定は2005年10月26日であったが、問題が生じたために延期され、11月9日3時33分UTCにソユーズロケットによって打ち上げられた。打ち上げから1時間36分後には、金星への遷移軌道へ移行した。金星までの飛行日数は150日。金星到着後に減速し、周回軌道に入った。

ビーナス・エクスプレスの探査目的は、主に金星大気に関するものであり、当初は4年間観測を行う計画であったが、その後、観測運用が延長されていた。


脚注[編集]

  1. ^ “Venus Express gets ready to take the plunge”. ESA. (2014年5月16日). http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Venus_Express/Venus_Express_gets_ready_to_take_the_plunge 2014年6月1日閲覧。 
  2. ^ “Venus Express science mission ends; aerobraking experiment beginning”. Planetary Society. (2014年5月16日). http://www.planetary.org/blogs/emily-lakdawalla/2014/05161333-venus-express-mission-science.htmlVenus_Express_gets_ready_to_take_the_plunge 2014年6月1日閲覧。 

外部リンク[編集]