ビーナス・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーナス・エクスプレス (Venus Express)
Venus Express
ビーナス・エクスプレス
所属 欧州宇宙機関 (ESA)
公式ページ [1]
国際標識番号 2005-045A
カタログ番号 28901
状態 運用中
観測対象 金星
打上げ機 ソユーズ
打上げ日時 2005年11月9日
3時33分
軌道投入日 2006年5月7日
ランデブー日 2006年4月11日

ビーナス・エクスプレス (Venus Express) は欧州宇宙機関 (ESA) の金星探査機2005年11月9日に打ち上げられ、2006年4月11日に金星周回軌道に到着した後、5月7日に観測用軌道に無事乗った。

概要[編集]

ビーナス・エクスプレスは、欧州宇宙機関初の金星探査機であり、2005年11月9日にカザフスタンバイコヌール宇宙基地より打ち上げられた。計画は2001年より開始されている。探査機のデザインは、火星探査機マーズ・エクスプレスの経験を生かしたものとなっている。ただし、火星と金星の違いを考慮し、太陽熱や放射線に対する耐性を向上させている。

最初の発射予定は2005年10月26日であったが、問題が生じたために延期され、11月9日3時33分UTCにソユーズロケットによって打ち上げられた。打ち上げから1時間36分後には、金星への遷移軌道へ移行した。金星までの航行時間は150日。金星到着後に減速し、周回軌道に入っている。

ビーナス・エクスプレスの探査目的は、主に金星大気に関するものである。

外部リンク[編集]