スプートニク計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スプートニク計画(スプートニクけいかく)は1950年代後半に旧ソ連によって地球を回る軌道上に打ち上げられた、人類初の無人人工衛星の計画である。 スプートニク (Спутник, Sputnik) という言葉の原義は、ロシア語で「付随するもの」という意味。それが転じて、「衛星」もしくは「人工衛星」を意味するようになった。

スプートニクはどれもR-7ロケットによって軌道上に打ち上げられた。これは、元々は弾道ミサイル打ち上げ用に設計・開発されたものである。これらの打ち上げ成功はソ連国民を勇気付ける一方、冷戦の相手であるアメリカ国民にショックを与え、宇宙開発競争の火蓋を切ることとなった。

スプートニク1号[編集]

スプートニク1号

スプートニク1号1957年10月4日に打ち上げられた、世界初の人工衛星である。重量83kg、直径58cmの球体に4本の棒状アンテナが付いている。 遠地点約950km、近地点約230km、軌道傾斜角65°の楕円軌道を96.2分で周回した。衛星本体から40.02MHzと20.05MHzの電波を発信することで電離層の観測を行った。この電波は世界各地で受信された。スプートニク1号は打ち上げ57日後、大気圏に再突入し消滅した。

スプートニク・ショック[編集]

人工衛星打ち上げでソ連に先を越されたアメリカでは「スプートニク・ショック」が起こった。これは、アメリカが科学技術の分野で最先端であるという意識が、人工衛星打ち上げの事実により覆されたためである。その影響で、教育・軍事・科学技術部門の改革の必要性が認識され、アメリカ航空宇宙局(NASA:1958年)設立、アポロ計画1961年)へとつながっていった。なお、アメリカ陸軍はスプートニクに対抗して、1958年1月31日にエクスプローラー1号(重量14kg)を打ち上げている。

スプートニク2号[編集]

スプートニク2号

スプートニク1号の打上げの1ヶ月後である1957年11月3日スプートニク2号が打ち上げられた。スプートニク2号は生物を宇宙へと連れ出すことを目的とし、搭乗席(気密室)が備えられた。このため本体の重量は1号と比較して約6倍の 508kg となった。

史上初の宇宙船クルーとして“ライカ(正式名は”クドリャフカ”)”という名の雌のが搭乗し、人類に先がけて宇宙を旅することになった。

スプートニク3号[編集]

スプートニク3号

スプートニク3号1958年2月3日、打ち上げ失敗。1958年5月15日、打ち上げ成功、重量約1327kg。地球物理学研究のための計測器を搭載。ただし、テープレコーダが故障し、バン・アレン帯の計測は失敗に終わった。

スプートニク4号[編集]

1960年5月15日、打ち上げ。

スプートニク5号[編集]

1960年8月19日、打ち上げ。犬2頭、ネズミ40匹、ラット2匹、その他いろいろな植物を積んでいた。宇宙船は翌日回収され、動物たちは全て無事帰還した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]