RS-17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RS-17
国際標識番号 1997-058C
カタログ番号 24958
状態 運用終了
目的 アマチュア無線
設計寿命 40日
軌道投入日 1997年11月3日
機能停止日 1997年12月29日
物理的特長
本体寸法 直径20cmの球形
質量 3kg
発生電力 3.5V×4
主な推進器 なし
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道[1]
近点高度 (hp) 383km
遠点高度 (ha) 392km
軌道傾斜角 (i) 51.7°
軌道周期 (P) 92.3分
搭載機器
送信機 145.820Hz

RS-17ロシア語: РС-17、ラジオ・スプートニク17号[2])とは、1997年ロシア宇宙ステーションミールから放出されたアマチュア無線衛星である。スプートニク1号の打ち上げから40周年を記念し、ロシア・フランスの学生らによって製作された。別名としてスプートニク40スプートク・ジュニアPS-2がある。

設計[編集]

RS-17は1957年10月4日に打ち上げられたスプートニク1号を模した衛星で、球形の本体から4本のアンテナが突き出した構造をしていた。サイズはオリジナルの3分の1、質量は60分の1と小型だったが、リチウム電池によって電力の供給を行い、145.820MHzの周波数で40日間ほどビーコン信号の送信を行えるように設計された。製作は学生による国際協力の形で行われ、衛星の本体をロシア側が、内部の送信機をフランス側が担当した[3]

軌道投入[編集]

衛星は1997年10月5日に打ち上げられたプログレス補給船に積荷として搭載された。プログレスは10月8日に宇宙ステーションミールとドッキングし、RS-17も他の積荷と一緒にミールに運び込まれた。衛星の放出はそれからおよそ1ヵ月後の11月4日、宇宙飛行士の手でエアロックを通して行われた。RS-17はミールの進行方向と逆向きに押し出され、相対的な高度を下げながら宇宙ステーションから離れていった[3]

衛星の送信するビーコン信号は、オーストラリアアメリカイギリス・ロシア・フランスを初めとする世界中のアマチュア無線家によって観測された。信号のピッチは衛星の温度を反映するように設計されており、これを利用して衛星内部の温度が-50℃から50℃の範囲に及んでいたことが明らかにされた[3]。RS-17の信号は電池の消費に伴って次第に弱まり、12月29日を最後に地上から観測されなくなった。衛星は40日間活動できるように設計されていたが、それを上回る55日間に渡って無線送信を行った[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Sputnik Jr - Trajectory Details”. NSSDC Master Catalogue, NASA. 2009年12月19日閲覧。
  2. ^ a b Radio Sputnik 17”. AMSAT - Amateur Satellite Summary. 2009年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c Tiny Beeping Model Tossed From Station”. Space Today Online. 2009年12月19日閲覧。

関連項目[編集]