パイオニア4号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイオニア4号
Pioneer-3-4.gif
所属 アメリカ合衆国
国際標識番号 1959-013A
カタログ番号 00113
状態 運用終了
目的 月探査
観測対象
打上げ機 ジュノーII型ロケット
打上げ日時 1959年3月3日17:11:00 UTC
最接近日 1959年3月4日22:25 UTC
質量 6.1kg
離心率 (e) 0.07109
軌道傾斜角 (i) 29.9°
軌道周期 (P) 398.0日

パイオニア4号は、パイオニア計画の一環として打ち上げられたスピン安定性を持つ宇宙探査機であり、フライバイして日心軌道に入り、地球重力圏を抜け出したアメリカ合衆国の初めての探査機となった。月の放射線環境を調べるためのガイガー=ミュラー計数管、月の写真を撮影するためのカメラなど、パイオニア3号と同様のペイロードを備え、月の表面から6万kmの所を通りすぎたが、光電センサが起動するほどには近づけなかった。月には放射線は検出されなかった。この宇宙船は1969年時点にはまだ太陽軌道にあった。

設計[編集]

パイオニア4号は高さ51cm、底面の直径23cmの円錐型をしていた。円錐は、導電性を持たせるためにで被覆された薄いグラスファイバーでできており、10℃から50℃の温度に耐えられるように白い縞模様の塗装が施されていた。円錐の頂点には、アンテナとして働く小さな探針が取り付けられていた。円錐の底面には水銀電池が取り付けられ、電力を供給した。リングの中央からは光電センサーが突き出している。センサーは2枚の太陽電池からなっており、月から3万km以内に近づくと月からの反射光によって起動し、探査機の自転により月面からの反射光をスキャンニングすることにより月面を撮影するように設計されていた。円錐の中には、電圧供給管と2つのガイガー・ミュラー計数管が入っていた。質量0.5kgの送信機によって、周波数960.05MHzで0.1Wの位相変調信号が送られた。変調搬送波の電力は0.08Wで、実行放射電力は0.18Wだった。回転減速の機構は、打上げの10時間後に作動するように水圧タイマーでセットされた2本の150cmのワイヤの端に巻かれた2つの7gの重りだった。この重りはの重さは、重りとワイヤを離すことで400rpmの回転速度を6rpmまで減速するように設計されていた。

打ち上げ機[編集]

パイオニア4号は、パイオニア3号と同様にジュノーII型ロケットで打ち上げられた。これはエクスプローラー1号を打ち上げたジュノーI型ロケットの改良型である。第1ステージ目はアメリカ陸軍中距離弾道ミサイルジュピターであった。ジュピターミサイルの上に第2、第3、第4ステージが乗せられ、パイオニア4号は第4ステージの上に乗っていた[1]

ミッション[編集]

打ち上げが成功し軌道に乗ると、パイオニア4号は放射線のデータ等を地球に送信した。探査機は1959年3月4日22:25(UT)に月面(7.2°E、5.7°S)から6万kmの位置を、7,230km/hの速度で通過した。この距離は光電子センサーを作動させるには遠すぎた。探査機は82.5分間に渡り、65万8000kmを移動して[2]放射線のデータを送信し、1959年3月18日1:00(UT)に近日点に達した。

関連項目[編集]

  • ルナ1号 - 1959年1月2日に打ち上げられた、ソビエト連邦の同様の月ミッション

出典[編集]

  1. ^ Jet Propulsion Laboratory (under contract for NASA) (1959) (PDF). The Moon Probe Pioneer IV. NASA-JPL. http://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19630042108_1963042108.pdf 2008年2月2日閲覧。. 
  2. ^ Hess, Wilmot (1968). The Radiation Belt and Magnetosphere. 

外部リンク[編集]