ルナ1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ1号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1959-012A
カタログ番号 00112
状態 運用終了
目的 探査
観測対象
打上げ機 R-7ロケット
ボストーク8K72
打上げ日時 1959年1月2日
最接近日 1959年1月4日
(月から5995kmを通過)
質量 361kg
姿勢制御方式 スピン制御

ルナ1号は、1959年に打ち上げられたソ連月探査機。世界初の衝突を目指したが、それには失敗し月近傍を通過するに終わった。

概要[編集]

ソ連は1957年スプートニク1号打ち上げ以来、宇宙開発を積極的に進めていた。宇宙開発競争の一環として、月を目標にし、1958年以降は月に探査機を着陸・衝突させることを目的としたルナ計画を行っていた。

月を目指す打ち上げは、1958年に3回失敗し、4回目のルナ1号において、公表に足る成果を得ることができた。1959年1月2日に打ち上げられたルナ1号は、月着陸まで至らなかったものの、1月4日に月近傍5,995 kmを通過し、人類初の人工惑星となった。

探査機の全体的な形状は球状をしており、そこから5つのアンテナを含め、観測機器の突起が出ているものとなっている。主な探査装置としては磁力計やガイガーカウンターなどが搭載されていた。