鉄隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大型の鉄隕石(ホバ隕石

鉄隕石(てついんせき、: iron meteorite[1])は、ニッケル合金からなる隕石である。隕鉄(いんてつ、: meteoric iron[1])ともいう。

概要[編集]

分化した小惑星金属核が起源と考えられている。なお、これに対し、マントル石鉄隕石地殻エイコンドライトとなる。

鉱物的には、ニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトからなる。このほか包含物もあり、鉄鉱物のトロイライト (FeS)、シュライバーサイト ((Fe,Ni,Co)3P)、コーヘナイト((Fe,Ni,Co)3C) が代表的である。軽い鉱物である石墨ダイヤモンドケイ酸塩鉱物を含むこともある。ケイ酸塩の比率が高くなると、石鉄隕石に分類される。

風化に強いため、古い鉄隕石も比較的よい状態で見つかる。発見された中で最大のホバ隕石を始め、最大級の隕石はいずれも鉄隕石である。

分類[編集]

構造的分類[編集]

構造により、ヘキサヘドライト, H)、オクタヘドライト, O)、アタキサイト, D) に大きく分けられる。構造の違いはニッケル含有比を反映している。

ヘキサヘドライトは、ニッケル比が4.5–6.5%で、カマサイトからなる。断面にはノイマンラインが見える。

オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物である。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面にはウィドマンシュテッテン構造が現れる。オクタヘドライトは、ウィドマンシュテッテン構造のバンドの幅により、最粗粒 (coarsest, Ogg)、粗粒 (coarse, Og)、中粒 (medium, Om)、細粒 (fine, Of)、最細粒 (finest, Off)、プレスティック (Opl) に分類される。大まかに言って、ニッケルが少ないほど粗粒になる。

アタキサイトは、ニッケル比が13%以上で、テーナイトと微量のカマサイトの細粒混合物、つまりプレッサイトからなる。内部には顕著な構造がなく、肉眼での判別は難しい。

化学的分類[編集]

構造的分類とは別に、微量元素も考慮した化学的分類がある。鉄隕石の87%は、元素比がほぼ等しい十数の化学的グループに分類されており、これらは鉄隕石の母天体に対応していると推測されている。

構造的分類 化学的分類
ヘキサヘドライト (H) IIA
オクタヘドライト (O) 最粗粒 (Ogg) IIB
粗粒 (Og) IAB, IIIE
中粒 (Om) IID, IIIAB
細粒 (Of) IIIC, IVA
最細粒 (Off) IIID
プレスティック (Opl) IIC
アタキサイト (D) IVB
- IC, IIE, IIIF

これらは当初、I~IVの4つに分けられていたが、IA, IB, … などに細分され、その後一部が再統合され IAB (= IA + IB) などとなっている。

利用[編集]

金属の精錬技術を持たなかった時代あるいは地域の人々は、隕鉄を貴重な金属として、道具に使っていた。天からもたらされた物質であることが知られると、宗教な意味づけが加わり、珍重されることもあった。現代では、もっぱら隕石としての博物学的な価値があるのみである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省日本天文学会編 『学術用語集 天文学編』 日本学術振興会1994年、増訂版。ISBN 4-8181-9404-2

関連項目[編集]