ウィドマンシュテッテン構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィドマンシュテッテン構造(テーナイト中)

ウィドマンシュテッテン構造(ウィドマンシュテッテンこうぞう)とは、オクタヘドライト型隕石(八面体晶隕鉄)(隕鉄)においてみられる特有の構造のこと。金属ニッケル結晶が成長することによってできる。カマサイトテーナイトの帯状組織からなり、これらはラメラと呼ばれる。

オクタヘドライト型隕鉄(八面体晶隕鉄)は6-14%程度のニッケルを含む。隕鉄の生成過程で冷却時間が超長期間(100万年程度)かかるとニッケルが結晶化し、分離する。

ウィドマンシュテッテン構造をもつ隕鉄を切断し、酸によるエッチングを行ったのち研磨すると、分離したニッケル結晶があたかも無数の雪の結晶のように見える。

ニッケル結晶の大きさが数cmにも及ぶこの構造は現在のところ人工的に作りえないため、存在の確認によって隕石が偽造品でないことの証明が(今のところ)可能である。

この構造の名は、オーストリア人の印刷業者・科学者、ベッカー=ウィドマンシュテッテン1808年に発見したとされることから。ただし、実はウィドマンシュテッテンの発見よりも前の1804年G.トムソンが発見し、フランス語の論文を発表している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


英語版 2007年7月20日 (金) 16:45の抄訳