硫化鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

硫化鉄(りゅうかてつ、iron sulfide)は硫黄化合物。数種類が存在する。

硫化鉄(II)[編集]

硫化鉄(III)[編集]

組成式は Fe2S3。硫化第二鉄とも呼ばれる、黒色の粉末である。湿った空気中で容易に酸化され、酸化鉄水和物と硫黄になる。空気を断って加熱すると、硫化鉄(II) と二硫化鉄との混合物になる。

二硫化鉄[編集]

組成式は FeS2 と表される。天然には黄鉄鉱 (pyrite)、白鉄鉱 (marcasite) として産出するが、産出量は黄鉄鉱が圧倒的に多い。黄鉄鉱は安定だが、白鉄鉱は水分と反応して分解しやすい。

磁硫鉄鉱[編集]

磁硫鉄鉱 (pyrrhotite) と呼ばれる鉱物として産出する。鉄と硫黄の割合が整数比でなく、また一定でない。組成式で表すと Fe1−xS (x = 0.09~0.17) となる。大半が顕著な磁性を持つ。

関連項目[編集]