こいぬ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こいぬ座
Canis Minor
Canis Minor
属格 Canis Minoris
略符 CMi
発音 [ˌkeɪnɨs ˈmaɪnər]、属格:/ˈkeɪnɨs mɨˈnɒrɨs/
象徴 the lesser Dog
概略位置:赤経 8
概略位置:赤緯 +5
広さ 183平方度 (71位
主要恒星数 2
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
14
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 プロキオン(α CMi)(0.34
最も近い星 プロキオン (α CMi);(11.46光年)
メシエ天体 0
流星群 Canis-Minorids
隣接する星座 ふたご座
いっかくじゅう座
うみへび座
かに座

こいぬ座(小犬座、Canis Minor)は、トレミーの48星座の1つ。

α星は、全天21の1等星の1つであり、プロキオンと呼ばれる。プロキオンと、おおいぬ座のα星シリウスオリオン座のα星ベテルギウスの3つの1等星で、冬の大三角を形成する[1]

こいぬ座は、α星プロキオン、β星から成る。これ以外には目立つ恒星のない小さな星座である。しかし、プロキオンは大変に明るい星なので、この星座は大きさのわりには大変に有名である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:プロキオン(Procyon)は、こいぬ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ(視等級0.34等)[2]。プロキオンの意味はギリシャ語で「犬の前に」である[3]。これは、おおいぬ座のシリウスが昇る直前に昇ることに由来する[3]
  • β星:ゴメイサ(Gomeisa)は、視等級2.9等。

星団・星雲・銀河[編集]

面積が狭く、10等より明るい星雲・星団はこの星座にはない。

由来と歴史[編集]

おおいぬ座の直前に上ってくるため、プロキオン(ギリシャ語で「犬の前」の意味)はその名で呼ばれたが、星座であるとは認識されなかった。狩人でもあった勇者オリオンオリオン座)の2番目の猟犬として、古代ローマ時代に星座として認識されるようになった(1番目の猟犬はおおいぬ座)。

神話[編集]

ヒュギーヌスが伝えるアッティカ地方に伝わる神話では、ディオニューソスからブドウとワインの製法を教わったイーカリオスの飼い犬マイラであるとされる[4]。この神話においては、非業の死を遂げたヒュギーヌスと娘のエーリゴネー、飼い犬のマイラを悼んだゼウスが、それぞれうしかい座おとめ座こいぬ座として天に上げた、と伝えている。

テーバイカドモスの孫アクタイオンが、狩りの途中で女神アルテミスの水浴びを見てしまい、怒ったアルテミスはアクタイオンを鹿に変えた[3]。鹿になったアクタイオンは猟犬に襲われて噛み殺されてしまう[3]。この猟犬が空に昇りこいぬ座となった[3]。伝わっているギリシア神話ではこうなっているが、前段で紹介したとおり、おおいぬ座が昇る直前に昇る星座であることから、自然発生的にこう呼ばれるようになったのではないかという説もある[3]おおいぬ座もアクタイオンの猟犬だという神話もある[要出典]。神話については、おおいぬ座、オリオン座も参照のこと。

出典[編集]

  1. ^ 冬の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME PROCYON AB. 2013年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0
  4. ^ Ridpath, Ian. “Star Tales - Canis Minor”. 2013年6月12日閲覧。