テーブルさん座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーブルさん座
Mensa
Mensa
属格 Mensae
略符 Men
発音 [ˈmɛnsə]、属格:/ˈmɛnsiː/
象徴 the Table Mountain
概略位置:赤経 4 ~ 7.5
概略位置:赤緯 −71 ~ −85.5
広さ 153平方度 (75位
主要恒星数 4
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
16
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 0
10パーセク以内にある恒星数 1
最輝星 α Men(5.09
最も近い星 α Men;(33.1光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 かじき座
カメレオン座
みずへび座
とびうお座
はちぶんぎ座

テーブルさん座 (テーブル山座、Mensa) は、南天の星座の1つ。現在、天の南極にあるはちぶんぎ座の次に南にある星座である。日本から見ることのできない星座の1つ。

88星座のうち、最輝星が最も暗い星座である (+5.09) 。

恒星[編集]

  • α星:テーブルさん座で最も明るい恒星だが、5等星である。

星団・星雲・銀河[編集]

その他[編集]

  • PKS 0637-752:クエーサー。チャンドラX線望遠鏡によって発見された。X線画像から、このクエーサーには広いガス雲が伴っていることが明らかになった。

由来と歴史[編集]

1756年ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ によって、南アフリカケープタウンテーブル山をモチーフに設定された。ラカーユは1751年から1752年にかけてケープタウンで初期の重要な観測を行っている[1]

大マゼラン雲 (LMC) はこの星座とかじき座の境界線上にあり、大部分はかじき座に掛かっている。テーブルさん座に掛かる大マゼラン雲の姿は、実在のテーブル山に掛かる「テーブルクロス」と呼ばれる雲に喩えられている[1]

呼称と方言[編集]

日本では長くメンサ座と呼ばれていた。戦時中には平山清次平山信の両氏を記念する意味も込めて「ひらやま座 (平山座) 」という名前も提唱されたが、1944年の学術会議による天文用語制定の際に「テーブルさん座」という名称が採用された[2]

出典[編集]

  1. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Mensa”. 2014年1月29日閲覧。
  2. ^ 原恵 『星座の神話 -星座史と星名の意味-』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、2000年6月、261頁。ISBN 978-4-7699-0825-8