平山清次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平山 清次
(ひらやま きよつぐ)
人物情報
生誕 1874年10月13日
日本の旗 日本 宮城県仙台市
死没 1943年4月8日(満68歳没)
日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 天文学
研究機関 東京帝国大学
主な業績 小惑星族の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

平山 清次(ひらやま きよつぐ、1874年10月13日 - 1943年4月8日)は、日本天文学者

経歴[編集]

宮城県仙台市出身。寺尾寿の弟子で[1]天体力学及び古暦の研究で有名。小惑星の「族」を発見した[2]功績によりの裏側のクレーターに「ヒラヤマ」と名づけられた。ヒラヤマは清次と同姓の天文学者・平山信太陽の理論的な研究、小惑星の観測や発見及び軌道決定、日食観測、天体物理学恒星天文学及び測地学に多大な業績を残した)の2人の名前に由来しているが、清次と信の間には血縁・姻戚関係はない。

平山清次の門下生には萩原雄祐鏑木政岐広瀬秀雄らがいる[1]

年譜[編集]

業績[編集]

  • 小惑星の運動とその起源に関する研究を大成した。
  • 1918年に小惑星のうち、固有離心率、固有軌道傾斜角がほぼ等しい値を示すグループがあることを発見。同じ母惑星から生まれた小惑星の集まりと考え、「族」と命名した。現在では小惑星の族は「平山族」「ヒラヤマ・ファミリー」と呼ばれている。小惑星の族は平山に発見された当時は5つしかなかったが、その後新しい族が発見され、1999年現在29の族が確認されている。

著書[編集]

  • 『岩波講座 物理学及ビ化学・天体力学』(岩波書店 1929年
  • 『岩波講座 物理学及ビ化学・時の話・暦の話』(岩波書店 1929年)
  • 『一般天文学』(共立社 輓近物理学選書 1931年
  • 『暦法及び時法』(恒星社 1933年
  • 『小惑星』(岩波書店 岩波全書 1935年)
  • 『一般天文学』(共立出版 1940年
  • 『霜柱・暦の話』(信濃教育会編 1947年

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の天文学者の系図
  2. ^ 『カラー天文百科』、304頁。