けいききゅう座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ボーデの星図に描かれたけいききゅう座

けいききゅう座(けいききゅうざ、軽気球座、Globus Aerostaticus)[1]は、フランス天文学者ジェローム・ラランドみずがめ座やぎ座の南側に設けた星座の1つである。現在は使われていない[2]

ラカイユ南天に化学実験用具などをモチーフにした星座を設けたことに刺激を受けたラランドは、1798年ドイツの天文学者ヨハン・ボーデと、モンゴルフィエ兄弟熱気球と、グーテンベルク活版印刷をモチーフとした2つの星座を作ることで合意した。この2つの星座は、1801年に刊行されたボーデの「ウラノグラフィア」の中で、 Globus AerostaticusOfficina Typographica (印刷室座) として初めて登場した[2]。いずれの星座も、現在の88星座には採用されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、274頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  2. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Globus Aerostaticus”. 2014年5月9日閲覧。